【世界一周後】NOトラブルで旅をする方法!


幸運にも盗難や事件などに遭わず、無事に世界一周を終えた私が旅中意識していたことを書きたいと思います!

ですが、私が今から書くことを全て守ったからといって、絶対に被害に遭わないというわけではありません。
自然災害と一緒で、遭う時は遭ってしまうし、その人の運もあります。
ロストバゲージする人は何回もするし、病院にお世話になる人は何度もなります。

参考程度に読んで下さい(;^ω^)




夜になったら極力出歩かない
私は暗くなる前に観光や買い物などは終わらせて、夜は宿でご飯食べたりネットしたりしていました。
これは場所や時期にもよります。
ハワイやカンクンのようなビーチリゾート、お祭やカーニバルのようなイベント時は夜でも比較的安全です。
ですが、安全そうな場所でも油断してはいけません。
なぜならそこは海外です、日本ではないのです。
そういうスキを狙って悪さをしようと企んでいる人は絶対に居るのです。


日本人と一緒、その油断が逆に危ない
治安があまり良くない地域だと、一人より二人で行動した方が何かと便利だし安心です。
ですがそれで油断してしまったがために、事件に遭ってしまうこともあるのです。

私の場合、モロッコのマラケシュで日本人2人と行動していて、22時くらいまでカフェでおしゃべりしていて、そろそろ帰ろうかとカフェを出ました。
すると、フナ市場の方はまだまだ活気があるのですが、私たちのいた場所は市場から少し離れていただけなのに、店がほとんど閉まっていて暗くて静かで、一人だったらかなり恐い状況です。
そしてモロッコの旧市街は迷路のようになっていて、mapsmeを見ながらフナ市場を目指していると、男性2人に話しかけられました。
「僕が案内してあげるよ」「こいつは良いやつだからついて行け」といかにも怪しい人たちに誘導され、仲間と思われる現地男性がもう一人増えて、3人がかりで2000円分に相当するチップを要求されました。
幸いこっちには男性が居て、旅慣れた人たちばかりだったので、強気で反論し少量のチップで済みましたが、あっちがナイフや銃を持っていたらそれでは済まなかったと思います。

仲間がいて心強いのは間違いないのですが、油断しないことが大事です。
誰かが気づくだろう、見ててくれるだろう( ^ω^ )←これダメ、ゼッタイ。


声をかけてきた相手を安易に信用しない
本当に親切で声をかけてくれる人も居るので、そういう時は心が痛みますが、基本は信用しない方がいいです。
私はインドに行っていないので分かりませんが、タクシーに乗せたいから「電車はトラブルで動いていない」とか普通に嘘をついてくるんです。
日本人はNOと言えない人が多いし、騙されやすいし、お金持ちと思われているので、ぼったくろうとしてくる人がマジで多い。
本当に困った時は、声をかけてきた相手ではなく、自分から尋ねに行きましょう。
声をかけてきた相手は何かしらの意図があって声をかけてきています。気を付けて。


ATMは極力銀行のものを使う
カードが吸い込まれた時、スーパーや街中にあるATMだとそのATMの会社のスタッフを呼ばないといけません。
それが土日だったら、担当会社が休みだから月曜になるまで待って、と言われることもあるみたいです。
銀行に併設されているATMだったら、近くにスタッフがいるのですぐに対応してくれます。
銀行の中のATMだったらスキミングなどの小細工などもしにくいでしょうから。

※スキミングについて!!
スキミングはATMだけで起こるとは限りません!
レストランの支払いなどでも起こるようです!
事例としては、レストランやバスチケットの支払いをカードでする時。
カードで支払いをしたら、その場で機器でしてくれることもありますが、レジの方に行って精算し、すぐにカードとレシートを持ってきて返してくれますよね?
その返しにくるのが遅かったらスキミングされている可能性があります。


宿予約、ブッキングドットコムの評価8以上&レビュー熟読
私はなるべくロッカーがある宿を選ぶようにしています。
予算上ロッカーがない宿の場合は、私物はかなり気を付けて管理しています。
評価が8以下だと、シャワーのお湯が出なかったり、宿が古くて清潔感が無いなど、あまり良いことがありません。
8以上でも「え!写真と違う!!」となっても、レビューを読んだら書いてあったり。

中南米やアフリカを旅していた時は、まずは日本人宿を検索。英語が得意じゃないので(;^ω^)
するとたまに「○○(ホステル名)は盗難宿!」と出ることがあります。ボリビアとか特に!
私はそれを泊まったその日に知って、宿泊中はずっと不安でした。幸いなにも無かったので良かったですが。


次に行く国の治安情報は絶対に調べる
ネットで調べるのはもちろんですが、ホステルのスタッフや、日本人がいたらその地域の危ない場所など聞いておくのがベストです。
細い道を歩かない、人通りの少ない場所にはいかない、など。
ブラジルの宿では、「街歩きは手ぶらでいけ!バッグ持ってたら目を付けられるぞ!」と教えてくれました。
パラグアイで会った日本人の人からは、バスの中で遭った盗難について教えてもらったり。
コロンビアでは現地人でさえスマホを盗られます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment