微笑みの国タイ、ボーナスステージすぎ泣いた。


こーしろーと別れ、私とショーヘイさんはカイロ空港へ。
今回利用したのはエジプト航空のカイロ→バンコクの直行便!3万9千円!安いっ!!
乗り継ぎがないから楽だ~(*´Д`)

カイロ空港はエジプト航空のカウンターに行く前に荷物検査があって、搭乗ゲートを通ってからも荷物検査があるという、今までとはちょっと違った感じです。
タンザニアのダルエスサラーム空港とちょっと似てるかも。

カイロ-バンコク間は9時間。
24時間移動を多々経験済みの私にとって、イージーモードであることは言うまでもない。

だが今回のエジプト航空の機体、9時間もフライトがあるのに、映画が見れるモニターがついていなかったッッ!!!
タンザニア-カイロ間もエジプト航空を使って、モニターがついていなかったけど、フライトが短かったからなのかなと思っていた。

まさか大陸が違うのにモニターが付いていないとはっ!!

でも今回はショーヘイさんが居てくれたので、喋ったり仮眠したりして、あっという間にタイへ到着。




ただいまアジア!!!我がホーム!!!

と言いつつも、実は初アジアなのです。
南米とかアフリカとか強烈な国行ってるけど、アジアはまだどこも行ったことがないのです。グアムは行ったことあるけど。

今まで彫りの深い人達&欧米人たちの中で過ごしてきたので、なんだろう、謎の安心感。

「うおおおーー!!アジアだーーーー!!!」的なことを連呼しまくった気がする。

イミグレを通過&荷物ピックアップをし、空港内のATMでお金を下ろしたら、ATM使用料が600円もかかってしまった\(^o^)/OH!NO!
今回は8日ほどいるので、とりあえず10000バーツ(約33000円)下ろしました。

ショーヘイさんがSIMカードを買うというのでついていくと、お店のお姉さんの仕事が早いっっ!!!
なんなら2台同時にシムカードの設定をしている。
すごい!!ちゃんと仕事している(;゚Д゚)!!!
今までだったらめっちゃダルそうに仕事してたり、店のスタッフとおしゃべりしてたり、誰かと電話しながら対応してたり、対応が面倒くさいから断られたり・・・
そんなことがここ半年間ほど普通だったので、ひたすら「すげー(゚Д゚;)」を連呼した。
そして空港内でセブンイレブンを発見し、空港だけでどんだけ感動の言葉を発するんだというくらい連呼した。

無事シムカードをゲットし、空港のシャトルバスに乗り市内へ!

エアポートバスが着いたのは、バンコクの日本人宿ロングラックゲストハウスの近くでした。
私たちはこーしろーがオススメしてくれたクリットホステルを予約していて、そっちは地味に遠かった( ̄▽ ̄;)

この時、雨が降っていて、久々の雨&湿気&アジアンな寺や店に懐かしさを感じた。
エジプトでは一度も雨がふらず、気温が高く乾燥していて洗濯物が爆速で乾く日々だったので。

夕方、宿にチェックインし、私たちは晩ご飯を食べに出かけた。
タイ滞在の後半、ロングラックに泊まるので、オススメ情報が書かれた周辺地図をそこでもらい、その中からお店をチョイス。

地図を見ると近くにオススメのタイ料理屋があったのでそこに行きました。
店のオススメらしいプーパッポンカレー、トムヤムクンスープ、空心菜炒めをオーダー。
DSC05340.jpg

うまああああああああああ(´;ω;`)!!!!!!!!!!!

エジプトのご飯も悪くはなかったんだけど、それを圧倒的に上回る勢いで、美味いッ!!

日本に居た時からタイ料理は好きで、何回かお店に行って食べていたから、現地で食べているという事実にも感動ッ!!

タイ最高かっ!!!

晩ごはんを食べた後、カオサン通りを通って帰った。
カオサンは昔一日中屋台があったけど、今は規制されていて夜しか屋台が出ないらしい。
晩ごはん食べた後だったけど、その通りは食欲を刺激しまくるほどに良い匂いが立ち込めていてフードポルノ状態。
パッタイが美味しそすぎるーーー(*´Д`)!!!!

だがその日はフライト疲れもあり、疲れのせいか二人とも謎の笑顔を発していたので、大人しく帰って寝ました。

クリットホステル
WiFi:〇ドミ部屋でも使える
シャワー:〇ホット
キッチン:×多分無い
ロッカー:〇
朝食アリ
こーしろーがオススメしてくれた宿。
ランドリーサービスやバスチケットも宿のフロントで買える。
屋上が良い感じ。室内は靴を脱ぐシステム。
エジプトのディープブルーの宿を経験してしまったせいか、めちゃくちゃ快適に感じる。
バンコクには日本人宿、特に有名なのがロングラックゲストハウスがあるので、ちょっと高いが情報集めにはオススメ。
私たちの時はちょうどフルムーンパーティーと被ってしまい、希望する日が満室だったのでこっちに泊まりました。
バスをフロントで予約すると、乗り場までトゥクトゥクで送ってくれる。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment