再&会☆ザンジバル島


宿のチェックアウトが11時、ザンジバル島のフェリーが12時なので、朝はゆっくり起きて朝食を食べに宿のレストランへ。

レストランのドアを開けると、なんとそこにはサファリツアーで一緒だったベラ&セフカップルがそこに居ました!!

同じ日にアルーシャからダルエスサラームに移動してたのは知ってたけど、まさか同じ宿だったとは!
「あー!ここに泊まってたんだねー!」
と言って、話題はザンジバル島のことに。

ベラ「フェリーのチケット持ってる?」
私「12時のやつ?ううん、フェリーターミナル行ってから買うよ~」

ベラ「今予約した方が良いわよ、午前中のチケットもう売り切れらしいわよ」



えっ(;゚Д゚)!!!?


うそ!売り切れとかあるん?!
私「え!まじで!ええ~・・・(どうしよう・・・)」
ベラ「宿のスタッフに言って電話して取ってもらいなよ、私たちも昨日やってもらったから!」
私「そうなの?!うん!そうする!」

するとセフがスワヒリ語で奥に座ってたおっちゃんに何か言っている。

セフ「あのおっちゃんが電話して取ってくれるから、詳しいことはあのおっちゃんに聞いてね」

セフーーーーー(*´ω`*)!!!!
行動がまじイケメン!!

セフにお礼を言って、ベラともちょっと会話して別れた後、荷物をまとめてフロントへ。
チケットのことを聞くと、予約番号とかは必要なく、チケットカウンターで名前を言ってパスポートを見せればOKらしい。
本当かよ・・・

宿の人が手配してくれたタクシーでフェリーターミナルに無事到着。

そしてここで気づく。

ベラたちが言ってたの、もう一つのアザムフェリーの方か!

私が乗ろうとしていたのはフライングホースという安くて時間がかかる船。
アザムフェリーは早いけどちょっと高い船。

うぉおーーやっちまったーーー
値段が約2倍するから絶対フライングホース使おうと思っていたのに~~~

でもまだお金払ってないから、予約キャンセルできるかも!?

そう思ってフライングホースのカウンターに行ってみたけど、カウンターには人が居ない。
フェリーターミナルに群がる、有料の親切の人々が「そこはもう締め切ったよ!アザムフェリーしかないよ!」と言ってくる。
マージン目当ての有料の親切の人の言うことが全く信じられず、その人達を無視してカウンターの前で少し待ってみたが、やっぱりカウンターに人が来ない。
どうやら彼らの言うことは本当らしい。

仕方ないので、アザムフェリーのチケットカウンターへ。
ここはタンザニア国民と外国人とでカウンターが分かれていました。
外国人のカウンターで名前を言ったら「予約番号無いの?」と言われたので「電話で予約したんですけど」と言ったら、買えた。35ドル(3900円)。

空港にある荷物をスキャンする機械に通して、荷物を預けて、無事乗船。
私は預けたけど、ベラたちは預けてなかったから、絶対預けなアカンわけではないのかな。

所要時間は約2時間。
DSC05197.jpg

椅子に座ってイミグレーションカードみたいのを記入していると、隣にサラリーマン風の現地民が座って話しかけてきた。
話をすると、彼は大学の先生で、日本でも仕事をしたことがあるらしい。
「日本の友人もいるんだ、名前がスギムラって言うんだけど・・・」
私「え!?私の苗字もスギムラだよ!!」
とまさかの共通点を発見。
それから私の旅行の話とか、彼の仕事の話をザンジバル島に着くまでずっとしゃべっていた。
ちょっと疲れたよ(;^ω^)笑

その時に分かったことだけど、タンザニアを走っている車の8割が日本車だそうです。
DSC05199.jpg
DSC05198.jpg

ザンジバル島に着き、seaport immigrationっていうのがあったので、行かなきゃだめかなと思ってそこに並ぶ。
パスポートと船の中で記入したイミグレーションのカードみたいなのを出したら、パスポートにハンコを押された。

え!?ザンジバルってタンザニアの島だよね!?これ二重に押されてない?!

と不安になったが、ザンジバル島に入島する時は、このスタンプは絶対必須らしい。
そのことを教えてくれたのは・・・

ナミビアで出会ったみっちゃん!!

みっちゃんもアフリカ北上ルートだったので、どこかで会うかもねと連絡先を交換して、何度かメッセージをやりとりしていました。
すると私が行く時にみっちゃんがまだザンジバル島にいるっぽい感じだったので、会う約束をしていたのです。

私がザンジバル島のストーンタウンに着いた日、みっちゃんもストーンタウンに居て、みっちゃんは北部のヌングイという場所に行くというので、ご一緒させてもらうことにした。

私とみっちゃんのヌングイステイは予想外の結果です。

ten to ten zanzibar
wifi:〇普通~弱い
シャワー:ホット〇
キッチン:〇けど使ってない
ロッカー:〇小さい
朝食なし(有料)
日本人の人がオーナーらしい宿。
まだできたばかりのようでキレイ。
各ベッドにコンセントがあって、カーテンで仕切られていて居心地がいい。
洗濯を干すスペースがある。

ブッキングドットコムでは9ドルと書いてあるが、コッソリ「別途観光税9ドルかかります」と書いてある。
なので結局2千円ほどするが、ストーンタウンの安宿はだいたいどこも同じような感じで2000円です。
なら最初から込みの値段で書いてくれよと思う。紛らわしいぜ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment