【いざンゴロンゴロへ!】This is Africa!サファリツアー!【3日目】


この日は朝6時に起きて朝食を食べ、7時前に待望のンゴロンゴロへ向かいます!!

美味しい朝食や夕食を作ってくれたコックのバラッカとはここでお別れなので、チップを渡して(2万シリング=10USD分)さよならしました。

ちなみにチップは
ドライバー兼ガイド→10USD/1日
コック→5USD/1日
が相場のようです。(他の人のブログより)
ツアーが470USDで、チップが計40USDだから、まぁこんなもんかなと。
でもガイドのサービスが良くなかったり態度が悪かったりしたら減額OKです。

海外の人はチップ文化で慣れてると思いきや、ベラたちに「チップいくらくらいか知ってる?」と尋ねられた。
チップって暗黙の了解だと思っていたから、他の人に聞いて確認しても良いんだとこの時知った。

宿からンゴロンゴロまでは地味に遠い。1時間以上かかった気がする。
DSC05100.jpg

ンゴロンゴロー!!!
このゲートをくぐってからも長かった。

ンゴロンゴロはクレーターの中にあるので、外輪山を上って中に入ります。
日本で例えるなら盆地みたいな感じ?
その中にキリン以外の動物たちが暮らしています。そのことからンゴロンゴロは「動物たちの楽園」と呼ばれています。
でもンゴロンゴロの意味は「何もない」とかそんな感じだった気がする。(うろ覚え;)

仕事を辞める前、家にいる時は水曜どうでしょうアフリカ編を腐るほど見ていたので、ここらへんは頭に入っています( ^ω^ )b
私はテレビ見なくてもつけておくタイプなのです。(←電気代・・・)
DSC05103.jpg

外輪山を上りきると、ンゴロンゴロの景色が見えるはずなのですが、この日は曇りで天気が良くなく、霧がすごくてあまり見えなかったが・・・
DSC05196.jpg

ンゴロンゴロきたーーーー!!!!!

IMG_20180725_091320.jpg

もうね、前日まで行った国立公園とは違って「公園」感が全く感じられない!
正式名を「ンゴロンゴロ保全地区(←確か)」、その名の通り、地区と呼ぶにふさわしい広大な土地。
外輪山が自然の柵みたくなっている。
DSC05106.jpg

これぞアフリカ!!

どうでしょうの藤村さんが「アフリカだぁー!!」と言った時と同じ気持ちになった。

外輪山を下りてゲームドライブスタート!

そこにはどうでしょうで何回も見た映像と同じ景色が広がっていた。

広大っっ!!!

アフリカだぁー!!

残念ながらビッグ5すべて見ることはできなかったけど、とても満足でした。
ドライバーが「サイいる」って言ったけど、遠すぎてサイなのかどうか分からない。
どうでしょう内でも「あの小っちゃい点がサイかい?」「いや、あれはバッファローですよ・・・あ、サイですぅ~!」とやりとりしていたけど、まさにそんな感じ。
遠すぎて全く分からない。
サイと言われればサイだし、バッファローと言われればそうなのかなと思う。
サイはあまり近くに来ないのかな?
12.jpg

ハイエナもこのツアーで初めて目撃しました!
どうでしょうみたいに風呂には入っていなかったけど、見た目ふわふわしてて可愛いかった。
ライオンキングでは全く可愛くないキャラだけど。笑
79.jpg

そしてンゴロンゴロでやっとライオンを近くで見ることができました。
DSC05129.jpg

みんなライオンを見たいので、ライオンの近くではこのように渋滞が起きます。
近くに行くまでに1時間くらい待った気がします。
この時「ディズニーのアトラクションっぽいわ~」と若干萎えたけど、ライオンの近くに行くとテンションぶち上げ。
雄と雌ペアでいたからめっちゃテンション上がりました。
77.jpg

ちょっと距離を置いて雄が1匹。
どうでしょう風に言うならば「いじけた雄」でしょうか。笑
でもこの雄がめっちゃゴロゴロしてて可愛かった。
68.jpg

この日曇っていたというのもあるせいか、ンゴロンゴロ内はめっちゃ寒かった。
私はずっとダウンジャケットのフードも被って過ごしていました。
車の天井を開けているので、ゲームドライブ中はずっと寒いのです。

ンゴロンゴロのゲームドライブが終わったら、アルーシャへ戻ります。
この時、ドライバーが各ホテルorホステルへ送ってってくれます。
私は次の日に乗るバスのチケットを買いたかったので、そのバスオフィスに連れてってくれと頼むと、一番最後にバスオフィスに行って、宿まで送ってってくれた!

私は荷物を置いていたアルーシャバックパッカーズに戻って、予約をしていたのでそのままそこに泊まります。

だがここで問題発生。

予約をしていたのに、一番安いドミトリーもシングルも空きが無いという。
それでも鍵を渡され部屋に行ってみるとダブルの部屋だった。
「シングル料金でダブル( ^ω^ )ラッキー」と思ったら、後できちんとダブル料金を請求された。
この時夜の7時過ぎで外は暗く、今から宿探しするのも嫌だったし、ベッドですでにゴロゴロして使ってしまったので、もうええかと思ってお金払ったけど、今思えばあれは払わなければならなかったのか?
確実にあっちのミスなのになぜ正規料金を払わねばならなかったのか・・・
そこんとこ私が強く言えば良かったんだけど、疲れたし早く寝たいし、もうええかと思ってしまった。

次からはちゃんと言おう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment