ウィントフックからリビングストーンへby bus

更新遅れてすみませぬ~
前回の記事はビクトリアフォールズの場所で書いて、タザラ鉄道乗る前にもう一度更新しようと思ったのですが、なんと泊まった宿がWiFi使えず!
それからタザラ鉄道2泊3日の旅(仮)だったので、更新できませんでした(><)


*******


ウィントフックを旅立つ前に、ツアーで知り合ったみっちゃんとお茶しました。
みっちゃんとルートがだいたい一緒で、もしかしたらタンザニアのザンジバル島で会うかもね( ^ω^ )と話して別れました。

カードボードボックスの宿からバスターミナルまで歩いて行ける距離なのですが、受付の人曰く「タクシー使った方が良い」らしいので、大人しくタクシーを使った。

今回使うバスはoasis.comなので、インターケープとバスターミナルが違います。

ウィントフックに来たらみんなが一度は立ち寄るであろう大きなショッピングモール。
それの北側に道路を挟んで、バスターミナルとは思えない砂利のしかれた広場があります。
IMG_20180719_111838.jpg

青印のところがバスターミナル。
左のマークがカードボードボックス、下のマークがカメレオンです。

ぱっと見、治安が悪そうで近寄りがたいそこが、バスターミナルだ。

ここにはたくさんの車とバスが3~4台くらいあって、チケットカウンターはなく、バスの中でチケットを買う仕組みです。
私は前もって買っていたのですが、3台くらいあるバスの中の1台でチケットを販売していました。
ウィントフックからリビングストーンまで600ナミビアドル(約5300円)、ナミビアドルのみでのお支払い。
IMG_20180713_141441.jpg
IMG_20180713_141417.jpg

車内に乗り込むと、なんとUSB充電!!(スピーカー左下の光っているとこ)
すごい・・・まさかついてるとは思ってもみなかった。

ウィントフックからリビングストーンまでは20時間。
オアシスのウィントフック→リビングストーンのバスは日水金の15時発のみ。4列シート。

はぁ・・・南米のあの快適バスが恋しい・・・

私の隣に座ったサラリーマンらしき男の人が良い人で、リビングストーンに着くまで色々気にかけてくれた。
「ジャーキー食べる?」「バスおりる?」「次がリビングストーンだよ」など。

あとこの都市間で、イボイノシシとアリ塚をやたら見た。
アリ塚がありすぎやし、プンバァこんなにあっさり見れるのか・・・。

国境には夜明けに着き、ナミビア側でスタンプをもらったら、ザンビア側まで歩きます。
大きな荷物はバスに置いたままでOK。

ここで初めてアライバルビザというものをGETしました。
ザンビア側のイミグレでは最初に熱を測るビデオカメラみたいなやつの前に立って、紙きれみたいなやつをもらって入国審査へ。
ザンビアのどこ行くの?くらいしか聞かれず、その後50USD払って、職員の人が紙に色々書いたやつをもらって終了。
ちょっと時間がかかったが、南アフリカ-ナミビアほどではない。

そしてここでまたもや、初めて国境で両替してみた。ナミビアドルが500円分ほど余っていたので。
びっくりするほどレートが悪かった!!
え、こんだけ!?って感じ。
でも持っててもしょうがないので、ぐぬぬ・・・と思いながらもザンビアクワチャをゲット。

国境を越えて少ししたら、バスを乗り換えるという。
なんと5列シート(;゚Д゚)!!初!!
左2、右3つ座席があって、横幅狭め。
そしてバスを乗り換えてからかなり道が悪く、何回もお尻が浮いた。
IMG_20180719_111738.jpg

11時過ぎにリビングストーンのバスターミナル(オレンジ〇のところ)に到着。
歩こうと思ったが、思ったよりバス疲れしていたのでタクシーを使うことにした。

fawlty towersまでいくら?→US4ドルだよ→馬鹿言うな( ^ω^ )

10クワチャしか持ってないと言ったら、15クワチャまで下がりました。だからタクシーは嫌いだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment