満員御礼!ツアーの予約はお早めに!!


宿に着いた初日に風邪をひきかけ、それをパブロンで治し、とりあえずスーパーへ買い出しに行きました。
宿の近くにはイオンモールみたいなショッピングモールがあって、そこを往復するぐらいしかやることがありません。
市内観光するほどの観光スポットもないのです。
街の感じとしては函館に似ている気がする。
ケープタウンは札幌とか東京って感じ、都会な感じが。

デッドフレイのツアーについて、カメレオンバックパッカーズのツアーデスクの人に色々聞いてみた。


*********


ナミブ砂漠2泊3日ツアーは一人約4万7千円。これはテント泊の場合。ロッジになると6万ぐらいになります。
テント泊の方は火曜日、ロッジ泊の場合は金曜日催行。
でも私はデッドフレイだけ行ければ良かったので、1泊2日でツアーを組めないか聞いてみた。
催行人数4人で、ガイドに聞いていつ出発か決まるらしい。
なのでできないことは無い。

到着2日目、カメレオンバックパッカーズ、カードボードどちらにも日本人がいないため、まずこの案は無くなる。
待ってたらきっと日本人が来るはず!と期待してみたが、土曜になってもまったく来ず。
カメレオンに来ないのだから、カードボードの方にも居ないのだろう。

希望を捨ててツアーに申し込むか・・・とデスクに行くと「来週の火曜のツアーは満員よ。」





( ´゚д゚` )




え・・・・



一瞬時が止まった。


「金曜日なら1人分空いてるわよ」と言われたが、それは高い方のロッジ泊・・・
いやいや、高いよっっ!!!泣
まだこの後にタンザニアでのサファリが控えてるんだよ!!

まぁぁぁぁじーーーーかぁぁぁぁ火曜日を待ってた意味ないやぁぁぁぁん無駄に滞在してしまったやぁぁぁぁん。

「お、オーケー・・・センキュー・・・」と落胆しながら去ろうとしかけて「いや、でもまだ他にもツアー会社はあるやろ!!」と踏み留まり、スタッフの人に聞いてみる。
スタッフの人がネットで調べてくれた。満員(´;ω;`)
そしたら電話をかけてくれて、なんと1名分空いているという!!

かーみーさーまー!!!!!

めっちゃラッキー!!そしてスタッフの人も電話してくれてありがとう!!!
ダメ元で聞いてよかったぁぁぁぁ!!!!!

スタッフの人に聞きながら書類を記入し、すぐにカードを切りました(`・ω・´)!
記入時、海外保険のナンバーを書くところがあって、そこは必須らしいです。
でも海外保険入ってない人どうなるんだろう・・・カードの保険で旅行してたらどうやって書くんやろ(;^ω^)

概要を見てみると、準備するものは特になく、寝袋も持ってなかったらレンタルできます。
読み進めていくと不安な表記が・・・
「日の出前に出発し、ソソスフレイ、デッドフレイ、デューン45にて日の出鑑賞、そして朝日に染まった砂漠をお楽しみください。」
と書かれている。

え、どっち!?

サラッと書かれているけど、ここ超重要!!
私はデッドフレイじゃないと嫌やでッ!!!
あの絵みたいな景色を見るためにこのツアーに参加したんやもん!!


この後、旅友達に連絡して聞いてみたら、朝日は高確率でデューン45だそう。
でもガイドとツアー参加者と仲良くなれば融通が利くかも?!と教えてくれた。

いやそんな・・・ハードル高いわ・・・

日本語だったらご陽気な私ですが、英語で会話となると一気に人見知りになります。
会話はできるが、そこまで得意と言うわけではないので、「聞き取れなくてごめん・・・、会話の流れ悪くてサーセン」と感じて喋らなくなるのです。
「全然大丈夫だよ!会話できてるじゃん!」とイングリッシュスピーカーたちは言ってくれるのですが、自分の謎のこだわりが邪魔するのです。


結局どうなったかは次回!!

現地時間の火曜日から2泊3日で砂漠ツアーなので、その後にブログを書こうと思ってます。
多分それまで更新はありません。

なぜなら、やることがないからです!!笑


カメレオンバックパッカーズ
wifi:〇
シャワー:ホット〇水圧良。ホットシャワーの時間決まってる。
キッチン:〇レンジあり
ロッカー:〇
朝食あり
日本人に人気な宿だが、私が居た時は日本人皆無でした。
同じく日本人に人気の宿、カードボードボックスにも様子を見に行ったが、皆無だった。
今はヨーロッパ人たちが長期休暇の期間らしくて、欧米人が多かった。
そしてツアーが埋まるのが早い。
前日でもいけるんちゃうか~と安易に考えてたら、カメレオンのツアーは満員だったので、他のツアー会社で予約した。
日本人が居たら情報収集できる&あわよくばレンタカー旅に混ぜてもらえるかも?!と考えていたが、その理想は粉々に打ち砕かれてしまったのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment