南アフリカと言えば!?


南アフリカに来たならば、やはり最南端の喜望峰に行くべきでしょう!!

と、言いつつも、私はペンギンビーチが一番楽しみです。

レンタカーを借りるから一緒にどう?と宿の人に誘われましたが、私が来た日からずっと雨で天気が悪く、私がチェックアウトするまでに借りるのか不明なため、私はツアーに参加することにしました。
前日の19時ころでしたが、宿のスタッフの人に言ったら電話して予約してくれました。ありがたや~


********


次の日、朝8時ころ宿にツアーガイドが迎えに来てくれました。
色んな宿を巡ってお客さんを拾っていき、22人乗りの車が満車になりました(゜o゜)

朝はザーザー降りだった雨が、時間が経つごとに降る回数が減って、最終的には晴れたのですごくラッキーです。
DSC04699.jpg

最初はフィッシュマーケットというところに立ち寄ったのですが、写真で見て分かるように、雲が多いです。
DSC04702.jpg

このアシカを操っているおばちゃん、写真を撮るとチップを低姿勢で要求して来るので注意。

フィッシュマーケットの後は、景色の良いところで駐車して朝ごはん兼おやつタイム。
DSC04703.jpg

このビーチ、ケープタウンで最長らしいです。14kmほど続いていると言っていました。
あ、でももしかしたら40kmかも。どっちやろか・・・発音ややこしいねん。

その後はペンギンビーチ!!
本当の名前はボルダーズビーチらしいです。
DSC04725.jpg

ゲートを入り、ウッドデッキの道を歩いていくと、ペンギンさんたちがそこに居ました。
DSC04708.jpg
DSC04710.jpg

めっちゃいるーーー!!!
しかも今の時期、ラッキーなことに出産ラッシュらしく、あちこちに茶色のふわふわのペンギンが居ます。か、可愛い(*´Д`)
DSC04722.jpg

まさかの子アシカが寝てました。

ペンギンビーチの後は昼食をはさんで、喜望峰へ向かいます。
あ、途中サイクリングタイムがあったんですが、風が強い+寒い=手が死亡することが分かっていたので、私は乗りませんでした。
欧米人たちはほとんど乗っていました。
DSC04729.jpg

一番ビックリしたのは、こんなに寒いのにハーフパンツでチャリ乗ってる男。小学生かっ。

喜望峰に向かう途中、もののけ姫にでてくるヤックルみたいな動物が居ましたが、残念ながら遠くて写真に収めることができませんでした。
それ以外にもバブーンという猿やダチョウにも遭遇。
DSC04781.jpg
DSC04740.jpg

サファリじゃないのに、めっちゃ動物を見ることができました。
バブーンも出産シーズンなのか、赤ちゃんを連れていました。
DSC04757.jpg

この坂道と階段を上って行って、上から見た景色がこちら。
DSC04751.jpg
DSC04745.jpg

いやこれ・・・windowsの壁紙ですか?
景色良すぎィ!!
DSC04756.jpg

虹もでたよ!

上りを結構ハイペースで上ったせいか、下る時に太ももの上側に異変を感じました。
つりそうな、いきなり痛みが来そうな、そんな感覚です。私足つったことないから分からないんだけど。
28歳になって早々老いを感じた瞬間でした(´・ω・`)

喜望峰へ向かうプチトレッキングコースがあったのですが、私の太ももが「無理するな」と言っている気がしたので、大人しくバスに乗って行きました。
私&ママさん2人以外の若そうな乗客たちはみんな歩いて行ってました。
自分がいきなりBBAになった気分です(´・ω・`)

でも車に乗ってたおかげで、いつもツアー中ぼっちな私が、ブラジル人のママさんと仲良くなることができました。
ママさんが写真撮ってほしいと言うので、何パターンか撮ってあげると、「あなた写真上手ね!この写真とても好き!!」とめっちゃ褒めてくれました。
「気に入ってくれて良かったよ( ^ω^ )」と英語で言えなかったのが歯痒かった。
DSC04772.jpg
DSC04763.jpg

喜望峰の海はザッパンザッパンしてて、泳いだら確実に溺れそうな荒い波でした。
そして海藻がたくさん浮かんでいます。昆布みたいなやつが。

ツアー代は790ランド(約6500円)と少々お値段が張りますが
・宿送迎
・おやつ&昼食付
・ペンギンビーチなどの入場料込み
このことを考えると、そこまで高くないのかなと思います。
人数がいるならレンタカー借りた方が安く済むかもしれませんが、手間・安全・時間をお金で買うのもアリだと思います。


本当はシグナルヒルから夜景を見たかったのですが、そんな気も失せるほどの雨&雲だったので見れず(´;ω;`)

まぁでもツアー中天気が良かっただけでもありがたいよね。

cat&moose
wifi:〇
シャワー:ホット〇
ロッカー:〇
キッチン:〇レンジ、冷蔵庫、コンロ、ケトルあり
朝食なし
ケープタウンの日本人(似有名な)宿。
情報ノートなどは無いが、日本人が集まるので情報収集しやすい。
キッチンがあるので自炊可能。ケープタウンは物価が高いので助かる。
掛け布団はあるが、それでも寒い場合は毛布を借りれる(デポジット100ランド)
南アフリカは水不足らしく、空港や宿では「節水してください」の張り紙をよく見ます。
でも私が来た時は雨がめっちゃ降ってたので、規制がちょっとは緩和されたようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment