砂漠に集いし仲間たち


夕方になり、砂漠ツアーに出発です!
フェズで買ったストールを宿のスタッフに巻いてもらいます。
1529605960865.jpg

準備完了!!
これはベルベルポーズらしいです。
DSC04374.jpg
DSC04378.jpg

リヤドマムーシュの目の前には、ラクダがスタンバイしているラクダステーションに到着。
砂漠の民、ベルベル人の指示によりラクダに乗る。
昔から日本人旅行者が多いみたいで、少し日本語を話せます。

砂漠ツアーは本来17時開始ですが、私たちが参加した日はサマータイムなので18時に開始です。
DSC04384.jpg
DSC04392.jpg

めっちゃ暑い。

かなり暑いです。汗ダラダラです。
後で知ったことですが、この時気温が41℃もあったそうです(;゚Д゚)!
DSC04380.jpg

ベルベル人の引率のもと、砂漠の中を1時間ほど進みます。
ラクダの背中がめっちゃ揺れるのか、後ろでまおさんが「うわぁあぁ(;゚Д゚)!」と良いリアクションをしています。
DSC04404.jpg
DSC04405.jpg

気温はアホみたいに暑いけど、景色はとても素晴らしいです。
ワンピースのアラバスタ編を彷彿とさせます。
砂に写るラクダに乗っている私たちの影が可愛らしいです。


*********



私たちが泊まるテントに到着しました。
どうやら今日は私たちの貸し切りのようです。
DSC04408.jpg

ラクダから降りて、ちょっと小高い丘に登って、そこから夕日を見ました。
ライトさんはサンドボードをしていて、それに続きみんなもサンドボードに挑戦!
私はスノーボードをやっていたので、普通に滑ることができました。
DSC04409.jpg

砂漠を見ながら写真を撮ったり、世界ふしぎ発見ごっこをしたり、思い思いにすごします。
DSC04432.jpg

私のこのポーズはドラクエ風です。
服とストールも地味にドラクエに寄せています。笑

夕日が終わったら晩ご飯!
DSC04461.jpg


この時食べたタジン鍋が美味しかった。
DSC04460.jpg

でも何よりテンションが上がったのは、冷たい水!!

DSC04458.jpg

凍ったペットボトルの水が出てきた時のみんなのテンションは、その日一番だったように思えます。
溶けた少量の水をみんなで分け合って乾杯しました。
(冷たい)水の有難さを再確認した瞬間でした。

モロッコで冷たい飲み物を頼んでも、氷なしで出てくることがほとんど、そして商店やスーパーで買う飲み物はそんなに冷えていないのです。
1529606020024.jpg

晩ご飯が終わったらベルベル人が楽器を用意してくれて、それを叩きながら謎のカラオケタイム。
ジャパニーズソングのリクエストを頂いたので、トトロとかロマンティックあげるよとか歌いました。笑

その後はサンドバギーに乗りました。
暗い中ベルベル人がサンドバギーを運転してくれるのですが、それはもはやジェットコースター。
最初はライトさんが乗ったんだけど、暗闇から「うぉー!!」という叫び声が聞こえてきます。
30~40km/hのスピードで砂丘を上ったり下ったりで、スリル満点です。

その後はベルベル人が砂の上にマットと毛布を用意してくれて、屋内でも外でもどっちでも寝てもいいよ( ^ω^ )と準備してくれました。

カナダのオーロラとウユニで培ったカメラスキルを発揮し、私は星空撮影を楽しみました。
DSC04479.jpg
DSC04504.jpg

この日は月が明るかったのですが、夜中3時以降は月が沈んだので、それまでカメラを充電しつつ、ライトさんにカメラ講座をします。
月が沈むと銀河が見えました。
DSC04513.jpg


**************


翌朝目が覚めると、空が明るくなっていました。
DSC04527.jpg

写真撮影後、外の布団で寝たのですが、朝風が吹いていて砂が顔に当たるので、屋内に避難し寝直す。
1時間後、「アリババ~」という掛け声で目が覚める。

たかしさんがヒゲモジャなので、ベルベル人から「アリババ」とあだ名をつけられていました。

朝日は寝坊して完全に日が昇っていました(;^ω^)
出発の準備をしてリヤドマムーシュへ帰りました。
帰りは乗るラクダを変えてみようと思って、行きは一番前に乗りましたが、帰りは一番後ろに乗りました。
するとまぁ揺れる揺れる!
ラクダが違うだけでこんなに違うのか・・・
一番前はライトさんでしたが、「このラクダめっちゃ楽」と言っていました。
ラクダによって乗り心地が違うことが判明しました。
DSC04526.jpg

夕方と違って朝は涼しかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment