メディナはルイーダの酒場のような場所です。(←違います)


ハマムが終わった後は、砂漠ツアーで使う安いストールを探しにメディナへ。
ストールを顔と頭に巻くことで、鼻と口の中がジャリジャリになるのを防ぎます。

フラフラメディナの中を歩いていると、シャウエンで知り合ったまおさんを発見!
実は2回目、前日もメディナを徘徊してたら再会したのです( ^ω^ )
「あーまた会いましたね~」と声をかけると、まおさん以外にも日本人が何人かいます。

そこにはシャウエンで偶然の再会を果たしたたかしさんがいました。
でも今回はフェズに来ることを知っていたので、そこまでの驚きはありません。

たかしさんが宿で知り合ったライトさんとアイコさん達も、砂漠ツアーで使う用のストールを探していました!

話を聞くと、私が砂漠ツアーに行こうと思ってた日とたかしさん達の予定も被っていたようなので、私もたかしチームに混ぜてもらいました( ^ω^ )

メディナはルイーダの酒場のような場所でした。

分からない人はgoogleで「ルイーダの酒場 ドラクエ」で検索(≧▽≦)検索ッ!


********


出会った日の夜、夜行バスでメルズーガという場所まで移動します。
今回使ったバスはSpratours。エアコンがガンガンに効いてて涼しかったです。
乗った時は座席が熱いのですが、メルズーガに着く1~2時間前はエアコンが効いて寒いので、パーカーとか必要です。
バスにトイレはついていませんが、トイレ休憩があります。
メルズーガ行きは20:30の一本のみ。ここも荷物代5DH(約50円)を払います。
他のバス会社でも行けるけど、メルズーガの一歩手前の町で降ろされるようです。
メルズーガには「リヤドマムーシュ」という日本人御用達の宿があります。
その宿を利用するならSpratoursでメルズーガで降りた方が良いです。スタッフの人が送迎してくれます。

このバス会社はメディナから離れているので、私はタクシーを使って前日に買いに行きました(;^ω^)
でもメルズーガを去る時、リヤドマムーシュの人が電話予約してくれたから、宿の人に頼めばもしかしたら予約できる・・・かも?

メディナで会ったみんなと再会して、バスに乗り込みメルズーガへ!



**********


翌朝、メルズーガに到着すると、お迎えの車が待っていました。
ブログには「バスの中にスタッフの人が入ってきて名前を呼ばれる」と書いてありましたが、私の時は呼ばれませんでした(;^ω^)

車に荷物を積んで、車に乗ってホテルへ!
DSC04363.jpg
DSC04364.jpg

ホテルの前には砂漠、すごいよ・・・

私たちが今回お世話になるのは、先ほども出てきた「リヤドマムーシュ」。
オーナーさんは日本語ペラペラで、このホテルで砂漠ツアーを申し込むことができます。
リヤドマムーシュは1泊5千円の高級お宿なのですが!
なんとバックパッカー応援プランというのがあるのです!!
寝る場所がテラスだったり屋上だったり、ちゃんとした部屋ではないのですが、暑いので問題なし。笑
寝る場所はちょっとアレなんだけども、それで1泊2食付きで200DH!(約2300円)

もちろん、宿についているプールや共用ラウンジも使えます!
DSC04367.jpg

難点をあげるならば、共用シャワーが水しかでなかったことと、割り当てられた部屋がエアコン無くてめっちゃ暑かったこと(;^ω^)
水シャワーは日中に入れば暑いから問題ないのですが、エアコンなしは厳しいぜ・・・
男性陣はプールサイドのベッドで寝ていました。


私たちが着いたのは朝の6時ごろで、1泊2日のラクダツアーは18時から。
その日は泊まらずにラクダツアーに行くのですが、その間もシャワーとプールは使えます!
なのでみんなラウンジで充電したり、シャワー入ったりしました。

たかしさんアイコさんまおさんたちは、4WDで砂漠の名所をめぐるツアーに行きました。げ、元気だ・・・(;^ω^)

私はライトさんとゴロゴロしたり、プールに入って遊んだりして、ラクダツアーまで時間を潰しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment