「ひまわり」「スペイン」「みゅう」【検索】


マドリードからセビリアへ移動。
朝8時、マドリード地下鉄をバックパック担いで移動したけど、特に危険な雰囲気は感じませんでした。

朝10時マドリード発、16時頃にセビリアのPlaza de Armasというバスターミナルに着きます。

中南米からスペインに移動してきて感じたことは、アジア人が多くなったこと。
ここは日本か?と思うくらいチャイナとコリアンが多いです。
今まで日本人宿以外でアジア人をあまり見なかったため、超観光地に自分は居るんだと実感します。
今回泊まったセビリアの宿も半分はアジア人だった気がする。


********


私がセビリアに来た理由、タイトルからもうお察しでしょう!
DSC04239.jpg
DSC04272.jpg

ひまわりーーーー!!!!
DSC04256.jpg

この一面に咲き誇るひまわりを見たかったのです!
すごくない?!この夏休み感!『ぼくのなつやすみ』やん!!(←※ゲーム名です。)

中南米終わったらモロッコに行こうと思っていたのですが、誰かがこのひまわりのことを思い出させてくれたのです。
誰だったか忘れてしまいましたが、ありがとうと言いたいです、私はとても満足です(*´▽`*)

私が持っているいくつかの旅本にも紹介されているアンダルシアのひまわり。
アンダルシアの夏は暑く、ひまわりが咲いているのは本当に限られた少ない期間。
しかもこのひまわりは観光用ではなく、商業用として植えているのです。
こっちではひまわりオイルを作って普通の油として使ったり、種をナッツとして食べる用にしたりします。

個人で行くこともできるのですが、私は「みゅう」という旅行会社の現地ツアーに参加しました。
お値段なんと85ユーロ!!(約1万円)
決して安くはない値段です。むしろバックパッカーにはかなり痛手(;^ω^)

でもなぜ高いお金を払い、このツアーに申し込んだのか。

*******

まずこのツアーは日本人による日本人のためのツアーであること。
そしてその日本人ガイドがひまわりの咲いている場所へ連れてってくれること。写真タイムも設けられています。
途中小さな村によって観光&ワンドリンク+おつまみのサービスが受けられます。

*******

スペイン人によるひまわりツアーに申し込むと、咲いている咲いていないに関わらず、とりあえずひまわり畑に連れてってくれるみたいです。
でもせっかく申し込んだのに、咲いていない、または枯れている畑に連れて行かれても・・・って感じですよね(;^ω^)

自力(自転車)で行くこともできるようですが、この時期のアンダルシア地方は最高気温40度にもなる場所らしいのです。
しかも、ひまわり畑は広大です。
猛暑の中、ひまわりが咲いている畑を何時間も探し回れるか・・・私だったら途中で諦めるかも。

ツアー内容は
10時半に集合、そこから小さなバスに乗り込みツアー開始!
ガイドさんがひまわりやアンダルシアのことを説明してくれて、30~40分ほど車を走らせるとひまわりが見えてきます。
途中車が停まれそうな場所で、ひまわりが咲いている所があれば5~10分ほど撮影タイムを設けてくれます。

IMG_20180612_114348.jpg
DSC04241.jpg

11時過ぎたあたりに、ひまわり農家さんの敷地にお邪魔させてもらい、1時間ほどひまわりに埋もれて撮影。
この時運が良く、そこのおっちゃんがちょうどオリーブの塩漬けらしきものを試食させてくれました。
とても美味でした(*´ω`*)
DSC04280.jpg

ひまわり畑で十分撮影した後は、カルモナという小さな村に行き、観光&休憩です。
ガイドさんが一緒に歩きながら街の特徴などを説明してくれます。
その後4つ星ホテルのラウンジらしき場所でワンドリンクサービス&休憩。
DSC04286.jpg

白ワインとオリーブ、やっとスペインらしい食事をした気がします。

これが終わるとだいたい午後1時半過ぎ。
それからセビリアに戻るとだいたい14時半になり、約4時間半のツアーが終了です。



ひまわりだったら別にスペインじゃなくても見れるじゃん(´-ω-`)


と思う方にはあまりオススメしません。
なぜならツアー代がそんなに安くないですからね(;^ω^)
北海道でも同じような景色が見れるらしいですが、規模が全然違うらしいです。(旅中に出会った旅仲間からの情報より)

私がこのツアーに参加した時、バックパッカーらしき人は私だけで、短期旅行者が多かったです。
短期旅行で来るなら尚更このツアーをオススメします!!
4時間半のツアーですが、ひまわりだけじゃなく小さな村の観光にも連れてってくれるので、充実の内容だと思います。

どれくらいの充実度かというと
DSC04249.jpg

これくらいです。

いつも「だるいわ~めんどいわ~興味ないわ~」とばかり言う私が、こんなにはっちゃけるくらいオススメです。

あ、最後に行きたくなる魔法の言葉。
それは、インスタ映え!!

参加者の9割は女性で、みんな白系の服を着ていたよ。
黄色にはやっぱり白が合うのかなぁ~他には何色が合うやろか・・・あえての赤とか?
あ、でもひまわり畑には蜂が結構いるので、やっぱり白が無難かな、安全面的にも(;^ω^)



FORYOU HOSTEL
WIFI:〇部屋でも使える
シャワー:◎お湯・水圧・シャワーヘッド!!脱衣所無いタイプ。
キッチン:〇使いやすいが・・・(下に補足アリ)
ロッカー:〇
朝食有料(確か5.5ユーロ)
多分まだできたばかりであろうセビリアの宿。めっちゃキレイでピカピカ!
ベッドにカーテンがついていてプライバシーが守られているので、心置きなくベッドでゴロゴロできます。
おいここの宿完璧か・・・?!と思ったのですが、キッチンを使用した時に難を見つけてしまった・・・。
IMG_20180610_193904.jpg

包丁、これしかない・・・。
というかこれを包丁と呼んでいいものか。
いやダメだよね、テーブルナイフだよねこれ、しかもステーキとか切りにくい方のやつ。

前のホステルがキッチンはあるがコンロが無く、野菜不足を感じていたので、この宿ではカレー作ろう( ^ω^ )と思って材料を買った後に発覚したので、もうこれ作るしかないじゃん?
気合で切ったよ野菜を!右手が痛かったよ!!
幸い肉を買っていなかったので、負担はまだ軽く済みました。

設備が新しいせいか、コンロの使い方が難しかった。
ほかの宿泊者も若干困っていた。

(2018.06.12の情報です)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment