「時間が無いならトレドに行け!」らしいので、行ってきた。


マドリードの宿で1日中寝てその日を潰してしまったので、1泊延長してトレドに行きました。

たなばたに居た時に、トレドはキレイだから行った方が良いよとオススメされ、宿に到着した日にマドリードは歩き回って充実したので、トレドに行ってみようと思います。

トレド行きのバスはPlaza Elipticaから出ています。
バスターミナルは地下鉄と直結していて、地下鉄の名前もPlaza Elipticaなので分かりやすいです。

バス会社はALSAというバスで、チケットはネット予約ができるのですが、私が調べた時はうまく表示されなかったです。
マドリード-トレド間はバスが頻繁に出ているらしいので、当日行って往復のバスチケットを買いました。
チケットは券売機で買うのですが、カードも現金も使えます。
最後に謎に郵便番号を入れる画面が表示されますが、飛ばしてもなんら問題はなかったです。


********


マドリードから1時間でトレドに到着。

ここで私はトレドの地図をダウンロードしていなかったことに気づきます。

やっちまった・・・と思ったけど、人の流れに任せて歩いていたら中心部らしきところに着きました。
周りを壁で囲まれてる街を、これなんていうの、城塞都市?進撃の巨人みたいな感じの街です。
っていうかドラクエです。ゼルダです。
DSC04207.jpg

朝から何も食べていなかったので、ここでスペイン名物チュロスを食べました。
スペインのチュロスはホットチョコレートに浸けて食べると聞いていたので、液体がサラサラだから食べにくそう・・・と思ったのですが、そんな心配は要らなかったようです。
DSC04208.jpg

チョコレート、ドロドロです。
ドロドロゆえに、チュロスにチョコがしっかりついています。
でも気を付けないと垂れるので、油断は禁物だゾ☆

ガイドブックに書いてあった通り、見た目より甘くなく食べやすいけど、チュロスは油で揚げてあるので、人によっては胸焼けするかも。

============
あさこは HP5かいふくした!▼
============

チュロスを食べたカフェの近くに、観光案内所があったので、そこで地図をもらうことができました。
しかも滞在期間に合わせて訪れるべき場所などを教えてくれる親切なスタッフさんもいました。

==============
あさこは ちずを手に入れた!▼
==============
DSC04224.jpg

とりあえずそのスタッフさんが教えてくれた場所3つ行ってみる。
教会以外は入場料が要る感じだったので、外から見るだけで終わりました。
14時から閉館まで入場料が無料になる場所があったのですが、せっかちな私はそこまで待っていられません。
DSC04206.jpg

スタッフさんに言われたルートを一通りまわりきると、午後の1時くらいになっていました。
11時頃に着いたので、2時間ほど散策したことになります。
DSC04229.jpg

うーんまだ時間あるけど、帰るか。(←!?)

まだ時間あるからもう一周しよう!という気力は無い。
あんなに寝といて何言ってんだって感じかもしれませんが、自分の中で満足しちゃったからしょうがないよね。笑

特に名残惜しさも無く、マドリードに戻り、セビリアに行くバスチケットを買いに他のバスターミナルへ行きます。
socibusという会社で、これもネットで買えるのですが、最後のクレジットカード決済が上手くいかない&地下鉄の予習を兼ねて足を運びます。

セビリア行きのバスターミナルはEstacion sur de autobus
スペインの鉄道レンフェが乗り入れるアトーシャ駅の南側に位置します。
地下鉄のMendez Alvaroと直結しています。

買いに行った15時半、彼らは昼休みと言う名のシエスタ中でした。
こっちは色々と時間が日本とずれてるんだよな~1~2時間くらい。
昼食の時間がだいたい14時で、夕食は20時ごろからが一般的らしい。

仕方が無いのでオフラインゲームで時間を潰し、バスのカウンターが空いて無事チケットをゲット。

最後に地下鉄を使って帰った時、いちいちカードにチャージするのが面倒くさいから今チャージしとこ。と思って機械をいじっていると、駅のスタッフらしき人に話しかけられた。
よくわからんから「なんとかcambio」ってとこ押して3ユーロチャージしてたら、「それじゃなくて1.7ユーロのやつで良いんだよ」と教えてくれた。
まじか。よく分からずに無駄に2倍もの値段を払ってしまった・・・。
しかもその駅のお兄さん、間違って入れ多分を払い戻してくれて、使い方を教えてくれて正規の料金を入れてくれた。優しい・・・(´;ω;`)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment