田舎人(私)あるある

まいど。
定期的にブログを書きたいと思い、最近ようやく予約投稿というのがあることを知りました。
記事投稿の上部にある簡易モードをオフにするのか。
でもオフにしたら今書いたこの4行くらいの文が消えそうなので、今日はやりません。

今日は前に書いたことと被るかもしれないんですけど、私が大阪に移住して感じた田舎あるあるを書こうと思います。

まずは田舎あるある
・電車は1時間に1本
・駅は無人、券売機はある
・バスは1日10本以下
・バスや電車が少ないので、自然と10分前行動が身につく
・バス停が雪で埋まるので、ひざが埋まった状態でバスを待つ
・車がないと不便すぎる、一人1台が当たり前
・学生の時は自転車を30分以上こいで遊びに行く
・雨のにおいが分かる
・星空が綺麗すぎる
・銭湯=温泉。まず銭湯という言葉をあまり使わない
・花見(や運動会などのイベント)=焼肉=ジンギスカン
・ジンギスカンは家で食べるもの
・リンゴを品種名(ふじ、ジョナゴールドなど)で呼ぶ
・トウモロコシ=トウキビ
・トンビとカラスの見分けがつく
・フキノトウやタラの芽の天ぷらを親とじいちゃん達が食べている
・ヨモギやフキなど野草の知識が増える
・小学生の時はオンコの実や花の蜜をよく吸ってた
・農業用のトラクターが通ると道路が土まみれになる
・たまに牛のふん(たい肥)を積んだトラクターが通る、めちゃめちゃ臭い
・春と秋に自転車で通学すると、小さい虫の大群に突っ込む
・自転車に乗ってるとき、なぜかクモの巣が顔につく
・雪が降ったら、猫やキツネの足跡がある
・雪が降ったらバスで通学
・雪積もってるのに自転車で通学する猛者もいる
・吹雪の日はバスが遅れて待ち時間が地獄
・冬の道路には黒い砂がまかれている
・早朝除雪機が通る
・道路が凍ってる時の転ばない歩き方をマスターしている
・小学生の時、そりを学校に持っていく
・行き帰り、そりにランドセルをのせて歩く
・一度は雪を食べる、ついでにつららも食べる
・学校の軒下にはスズランテープが張ってあって、つららの下を歩けないようにする
・つららが50cm~1m以上になるときもある
・二重窓・床暖・ストーブは絶対
・一度は車がスリップして雪山に突っ込む
・雪が降って曇っていたら15時半には暗くなり始める
・送料が高い
・テレビでやってる注目のお店や食べ物が手に入らない
・服はしまむらかユニクロかダイエーやイーオンの中に入ってる服屋で買う
・秋が短すぎる
・夏は暑いが、夜は涼しい
・エアコンはいらない、網戸でいける
・ごはんが美味しいということに社会人になってから気づく
・旅行するとき、一度大きな空港を経由しなければならない
・都会の交通機関が発達しすぎてよく分からない

次回は大阪についての大阪あるあるです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment