天使と悪魔の町、グアタペ

メデジンでは、宿代がもったいないなと思うくらいダラダラしていたので、メデジンからバスで2時間程度で行けるグアタペという町に行ってきました。
予定詰め込みすぎてしんどくなるのが嫌なので、基本的に私は1日観光したら次の日は休息日にしています。
でもメデジンでは
メデジン到着、宿でダラダラ
次の日、宿でダラダラ
次の日、宿を移動、ダラダラ
と、ずっとだらけすぎていてさすがに焦りを感じました。

メデジンにはバスターミナルが北と南に2つあり、グアタペ行きは北ターミナルから出ています。
チケットを当日買って、バスに乗り込むと、スタッフのおじちゃんが「サヨナラ!」と日本語で話しかけてきた。
このおっちゃん、他のお客さんともノリノリで接していて、とても陽気でした。

グアタペは町がカラフル、そして「悪魔の岩」と呼ばれるピエドラ・デル・ペニョールがあることで有名です。
治安改善のために町をカラフルにしたら、観光客が訪れるようになり、治安が改善したのだとか。
それにしても
DSC04013.jpg
DSC04006.jpg
DSC04005.jpg

メルヘンすぎるやろ・・・。
しかもこの壁、平面じゃなくてちょっと立体になっているのです。3Dです。
ぶっちゃけサレントも結構カラフルだったので、同じくらいなんじゃないかな~とそんなに期待していなかったので、予想以上です。

もう一つの名所、悪魔の岩は、見た目からして上るのが大変そうだったので、遠目で見るだけでいいかな~と思ったのですが、町からは岩が見れなかった、そしてグアタペの町がサレント並みに小さく、一瞬で観光が終わってしまったので、せっかく来たし上るか、という展開に。
サレントの町から岩まで行くには、トゥクトゥクみたいな乗り物があるのでそれで行けます。
岩の麓までは1万ペソ(約400円)、ちょっと離れたガソリンスタンド兼バス乗り場までだと6千ペソ(約250円)だったので、私は安い方のガソスタまで乗りました。
DSC04014.jpg

はい、到着です。上るぞ~(^o^)/(棒読み)
DSC04016.jpg

10分ほど歩くと、現れました、悪魔の岩です。
入場料が1万8千ペソ(約750円)でした。頂上まで740段あります。
DSC04017.jpg

25刻みで階段に段数が書かれています。
200くらいまでは余裕で上れるのですが、それ以降がなかなかにしんどいです。

半分くらい来たところで、若干気持ち悪くなってしんどかったので2分ほど休みました。
なんでやろ、上る前に食べたお菓子が原因かな・・・笑
それ以外は10~20段上る度に20~30秒ほど休んですぐに歩き出します。
トレスデルパイネやココラ渓谷の時に気づいたんだが、私は休憩多いけど時間がめっちゃ短いタイプのようです。1分あるか無いくらい。

上りと下りは別ルートと書いてありましたが、今回は下りの方を工事していたようで、降りてくる人たちとすれ違います。
その時に「俺カワサキのバイクに乗ってるんだ!一緒に写真撮ってくれよ!」と言われ、一緒に写真を撮って、なぜかムービーも撮りました笑
「オラ~。カワサキ~イェーイ!」的なことを言った気がします。
そして彼はサンキュー!と言って降りていきました。
DSC04018.jpg

途中マリアの像があって、みんなその前でお祈りしたり写真撮ったり。

頂上には600段目くらいで到着。
DSC04025.jpg

さらに展望台に上がった一番上が740段目。
ここに着くまでかなりしんどかったので、ちょっと息を整えて、展望台を上ります。

ん?これは・・・
DSC04019.jpg

お土産屋のドアを開けておくためなのか、はたまたこれ以上上れないよという意味なのか・・・
お店のお姉さんに聞いてみた。
「ここで終わりよ」



えっ



まさかの結末です。

あと少しなのに740段まで到達できず!笑
残りあと40~50段だったのに~(>_<)
DSC04020.jpg
DSC04031.jpg

とりあえず写真を一通り撮って、すぐに下ります。
下る時、疲れのせいか膝が笑ってガクガクしていました。

ガソリンスタンドまで戻って来て、バスチケットを買い、メデジンへ帰ります。

メデジンへ戻って来たついでに、次の日乗るボゴタ行きのバスチケットを購入。
極寒バス、ボリバリアーノ、夜10時発、5万4千ペソ(約2100円)。高っ!!
ボゴタからサレント行く時は5万ペソでおつりが来たのに!区間のせいかな?

宿へ戻ると他の日本人の人がチェックインしていて、すれ違いでグアタペに行っていた。
その人が夜に戻って来て、色々情報交換をしました(*´ω`*)
マイさんというお名前で、マイさんも悪魔の岩を下りる時、足ガクガクしたそうです(;^ω^)

もう少しで南米編、終了です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment