サレント-メデジン間、乗り物酔い注意!


いつまでも居れそうなサレントですが、町が小さくやれることも限られ、さすがにちょっと飽きてきたので、メデジンに移動します。

サレントからメデジンは直行が出ていて、チケットはバス乗り場で買えます。
メデジンまでは7時間ほどなので、朝8時のバスを前日に購入。

出発前夜、明日の朝ごはんのパンケーキでも焼こうかとキッチンに行くと、お年を召した夫婦が居て「どこの国の人ですか?」と話しかけられた。
日本やで~と言ったら「ニホンゴ、チョット、シャベレマス」とまさかの日本語!
え!?とビックリしていると、奥さんの方が1年日本に住んでいたことがあるとのこと。
そして夫婦で北海道を自転車で旅行したことがあって、今は北米のアラスカから南米の最南端ウシュアイアまで二人で自転車で旅しているんだって!

自転車旅、自分も経験があるから分かるけど、それってめちゃくちゃすごいことよね。
私はもう二度とやらないと思う、やっても3日とかサイクリング程度ならやってもいい。笑

そのご夫婦は日本でチャリ旅した時
「お昼はだいたいラーメン食べてたわ( ^ω^ )安いし美味しいし!」
「コンビニのおにぎりすごいわよね!あの包装!でもなかなかうまくできないの!笑」
「日本はアップダウン多いわよ~!」
などなど、話聞いてて和んだ(*´ω`*)

そのご夫婦が、メデジンはポブラドって場所が宿いっぱいあるからオススメよと教えてくれました。

******

次の日、8時前にバス乗り場に行って、出発したのは8時半。
今回はバスというより、15人乗りのミニバンみたいな車。

たった7時間だから、寝てたら着くわ( ^ω^ )
ボゴタ-サレント間のバスの反省を活かし、今回は防寒もバッチリ!

いざ乗り込み速攻で寝ようとすると、運転荒い&山道特有のクネクネ。
上りの時はいいんだけど、下りの時に姿勢が崩れるから全然寝れない。そして酔う!!
この旅で初めて乗り物酔いしたかも。運転も、そんなスピード出さんでも・・・てくらい山道なのにスピード速い。
今までは酔うところは飛行機使ったり薬飲んだりして防いできてたけど、今回は予想外だったので若干気持ち悪くなった。
でもなるべく深呼吸して、重度の乗り物酔いにならずに済んだ。

サレントを離れて途中の昼休憩で車から降りたら、暑。

メデジンに着いてからも暑かった。
え、全然サレントとボゴタと違う・・・。

メデジンのバスターミナルから宿まで15~20分くらいだったので歩こうかな~と思ったけど、予想外に暑い&旅行者っぽい人が歩いていないので、大人しくタクシーを使いました。
メデジンは過去に日本人旅行者が殺された場所でもあるので、なるべく安全はお金で買います。

でもあの夫婦が教えてくれたポブラドという地区は、宿とご飯屋がたくさんあって比較的安全そうでした( ^ω^ )

Hostel casa primavera
Wi-Fi:部屋でも〇
シャワー:ホット&水圧〇
キッチン:〇でも小さい&レンジなし
ロッカー:〇中くらいの大きさ
朝食なし
ホステルメデジン(日本人に人気な宿)のチェックイン日まで宿泊した宿。ポブラド地区にある。
ネットで見つけた。比較的新しめでキレイ。
シャワーとキッチンが小さいから使いにくい。
部屋にエアコンが無いから、乾期の時暑そう。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment