ガラパゴス以外に興味が持てなかったエクアドル(´・ω・`)

エクアドルには赤道が通っています。
赤道を境にして北と南で水が流れが変わる実験や、卵を釘の上に乗せて遊べたりできます。
でも調べると、この赤道、本物じゃないんだとか(´・ω・`)え・・・
本物はひっそりとしたところに、目立たない感じであるらしい。

もともと赤道に対して全然興味が無くて、それを読んだらますます行く気を失くしてしまいました。笑

幸いにもキトに着いた次の日にコロンビアのボゴタに行くバスチケットが買えたので、キトは1泊でサヨナラします。

それでも丸一日はキトに滞在していたのですが、したことといえば、食べて、ネットしただけ。笑

キトの新市街(宿の近く)には美味しい中華屋があるらしいので、そこに行ってきました。
IMG_20180416_162159.jpg

餃子が、本当に餃子だ!!ただしニラと肉の割合が7:3!
日本の餃子より皮が厚くてモチモチしていて、石川県の第七ギョーザみたいです。
IMG_20180417_104215.jpg
IMG_20180417_101716.jpg

他には朝ごはんセット食べたり、パン買って食べたりしました。
大きめのパン3つとコーヒーSサイズ買って400円で安っ!と思ったのですが、朝ごはんセットはこれで200円でさらに安かった(笑)
てか価格破壊すぎるやろww

今回買ったormeno(オルメーニョ)社のバス、バスの出発時間が午後4~6時とかなり曖昧。
バスがリマから来るから時間が読みにくいため、当日電話するとのことです。
色んな人のブログを読むと「バス会社からの連絡が出発30分前に来た」「遅れに遅れて深夜発になった」など不安になる書き込みが(;^ω^)

そのことを(英語が話せる)宿の人に行ったら、当日バス会社に電話してくれた。
その時は結局時間分からなかったんだけど(笑)、15時過ぎても連絡が来ないからバス会社で待つことにして、バス会社のオフィスへ。
着いたら「17時に出発だよ」と言われ、そこで待つことに。

時間になったらバスのスタッフとタクシーに20分くらい乗って、バスターミナルでもなんでもない、広めの道路にバスがあった。
ブログでは「バスの中にすでに乗客で半分くらい埋まってて・・・」と書いてあったけど、私の時は誰もおらず。
「リマからバスくるから・・・」のあの前置きはなんやったんや。
IMG_20180419_212709.jpg

バスに乗って20分ほど待っていると、ぞろぞろと他の乗客たちが乗ってきた。
なぜかとてもテンションが高い、修学旅行ですかってくらい。
この乗客たちでバスはほぼ埋まって、出発したのは18時過ぎ。

長めのトイレ休憩&各自夕食を挟み、真夜中にイミグレ到着。
ブログでは「荷物検査が厳しくて、1時間以上かかった」と書いてありましたが、荷物検査が無くて、ただスタンプ押して終わりだった。
このイミグレを境にバスを乗り換える。

目が覚めたらジャングルみたいな山の中を走っていた。
7時半ごろにサービスエリアみたいなところで朝ごはん。
4人掛けのテーブルにマックスで座らされるので必然的に相席状態。
なんやこの修学旅行状態・・・(´・ω・`)

この日の朝ごはんは鶏肉のスープと、ご飯とサラダのプレートのボリューム満点な朝食。
いや、朝からこんな食えるか!・・・私は完食したけどね!

13時頃にカリという街に到着。
到着する前に「もうちょっとでカリ着くぞー!」「イェー!!」とテンションが上がる乗客達。
なんなんだ・・・みんな知り合いなのかというくらい仲良しである。
そしてカリはそんなに人気の街なのか?
乗客の9割がその街で下りて、残ったのは私を含めて4人だけ(笑)
これまでの修学旅行テンションが過ぎ去って、静かな車内でした。
そして座席も広々使い放題、倒し放題です。

カリからボゴタまで約400キロ程度だったので、これ夕方には着いちゃうんじゃないの( ^ω^ )と思ったら、
そこからがすごい山道で、時速20キロくらいしかでてなかったと思う。
山越えだけで2時間以上かかって、結局ボゴタに着いたのは夜中の0時、きっちり30時間かかりました。

宿には、夜中に着くかも、と連絡を入れていたので、そのままタクシーで宿へ向かいます。
宿のオーナー、ステフから「タクシーだったら22000ペソ(900円)でこれるよ」と教えてもらっていたので、絶対その金額で乗るぞ!!と意気込んでタクシー運転手のもとへ向かう。
バスターミナルのATMでお金をおろして、バスターミナルを出てすぐに「タクシー?」と声を掛けられる。
宿の住所を見せて、いくら?と聞いたら「20000ペソ」と言われた。

この人、良いタクシーだ(*´▽`*)!!

しかもちゃんと宿の前で降ろしてベルまで押してくれるという。
今回のタクシーは当たりだった。ほんまに運やな・・・。

中からはステフじゃない人がでてきたけど、無事チェックインできた。
夜中だから、他の宿泊者の人起きるかな(-_-;)と不安だったが、なんとドミトリーは誰もおらず、私の貸し切り状態でした。
バス移動30時間の疲れをとるべく、シャワーしてすぐ寝ました。
至福のシャワータイムでした。

ormenoバス
セミカマしかなかったので4列シート。
でも映画が流れて、空調も普通。
ご飯は朝ごはんだけちゃんと出て、あとは自分で買って食べるスタイル。
トイレは流れたり流れなかったり、謎な仕様でした。

Hostal Zentrum
Wi-Fi:〇部屋でもサクサク
シャワー:〇ホット
ロッカー:×
キッチン:〇でも小さくて狭い
朝食なし
バスターミナルからバスに乗って、降りて歩いてたら一番近かったのがここだった。
宿代1000円なのに朝食無くてキッチンが結構狭かったのが微妙だった。
同じ1000円の宿でもっといいとこあります。
ま、1泊で出たから良いんだけどね。
この宿の近くにMogens Pod Hostelというホステルがあるのですが、ブッキングドットコムで見たらカプセルホテルみたいで面白そうでした。
1階はカフェになっているみたいでおしゃれでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment