ラパスからペルーのクスコへ!

ラパスに到着した次の日、14時のバスでクスコへ向かいます。
今回利用するバスはTITCACA社のバス。
ラパスに着いた時、早朝でしたがそのバスカウンターが開いていたのでその時に購入。
12時間以上の移動だったのでカマにしたかったのですが、私が移動する曜日はセミカマしか運行してないそう。
毎日あるわけじゃないのか。
だから今までどっちか聞かれないことが多かったのかな。

朝ごはんを食べていると、朝ごはんラッシュでアメリカンガールズたちと相席になりました。
話しかけてきてくれて、彼女たちは旅行しながら英語を教えるボランティアをしているそう。
アフリカのルワンダとエチオピアにも行ったらしい。すごすぎる・・・そして偉すぎる・・・尊敬だわ(´;ω;`)

朝食の後屋上に行くと、空砲と音楽が聞こえてきたので、外に行くとパレードをしていた。
何かのお祭りか?

14時発、翌朝5時着のバスに乗るためにバスターミナルに行くと

「あさちゃーん!」

こ、この声は!!

チリ、ウユニのアミーゴス、さやぴ&たーくん!

「私たちも同じバスだよー!私たちはコパカバナで1泊するー!」

私たちは同じバスに乗り込み、ラパスを出発した。
私はコパカバナで1度バスを乗り換えて、クスコまで直行です。同じ会社ですがバスを乗り換えます。
違う時間帯のクスコ行きだとコパカバナ、プーノで2回乗り換えて夜の11時に着きます。たしか出発は8時だったかな。
夜到着は嫌なので却下。

コパカバナにはチチカカ湖があり、そこでバスと乗客を分けて対岸へ運びます。
船でバスを運ぶというなかなか見られない光景です。
DSC03631.jpg
DSC03628.jpg
DSC03630.jpg

18時頃コパカバナに到着。
勝手に何もない田舎なイメージだったのですが、結構しっかり歓楽街でした。

ここでさやぴ&たーくんとはお別れ。
でもルートが一緒なのでまたどこかで会う、かも?

バスに乗り換え18時半に出発!

途中国境を跨ぐためイミグレへ。
ボリビア出国の時に出国税を払うとネットで見て、たーくんもそのことを言っていたのですが、私は何も請求されませんでした。ラッキー♪
ボリビア出国、ペルー入国どちらも何も言われずにハンコを押してくれました。グラシアスッ!!
余ったボリビアの通貨をペルーの通貨に両替して、バスに乗り込みます。

ペルー入国!!

DSC03634.jpg

朝5時にクスコに着き、荷物を取ってとりあえず外が明るくなるのを待つ。
ベンチに座っていると、ラパス-コパカバナ間のバスで隣だったコロンビア人が話しかけてきてくれました。
「宿まで宿までバスかタクシー?」私「とりあえず明るくなるまでここで待つわ。」
そう言ってその人と話していると、一緒にタクシーをシェアすることに。
あ、グーグル翻訳を使って話しています。私のスペイン語は幼稚園以下レベル。
あっちはスペイン語が話せて、バスターミナルを出たところでタクシーを捕まえるあたり、旅慣れてる感があって頼もしいぜ。
空港やバスターミナルの敷地内でタクシーを拾うと、高いのです。
敷地を出てタクシーを捕まえると5ソル(約170円)です。

先にコロンビア人を降ろして、次私の番。
5ソル渡すと「10ソル(約350円)」と言われた。は!?!?
なんでやねん!って言うと「遠いから」と言われた。
「ちょっとしか距離変わらへんやん!」と思ったが、反論してもこのやり取りの繰り返しになりそうなので、思いっきりため息つきながら10ソル渡してあげました。

クスコの宿は、日本人がよく泊まるというカサデルインカへ。
朝7時くらいに着いたが、ベッドが空いていて良かった~^^
私は予約せずに飛び込みで行きました。
ブッキングドットコムで予約すると200円ほど宿代が高くなるそうです。

カサデルインカ
シャワー:ホット〇出ないときはスタッフが頑張ってくれます
wifi:〇たまに切れる
ロッカー:なし
キッチン:〇けど食べる場所が外
朝食アリ
立地がアルマス広場の近くだが、階段をまぁまぁ上るので行くのがしんどい。
シャワーが脱衣場と洗い場が一体型タイプなので使いにくい。
正直他の宿を選択した方が居心地が良いかもしれないが、私は日本語で情報収集がしたかったのでここにしました。
日本人の方が意思疎通しやすいし、過ごしやすい。
宿のスタッフは親切で、英語もしゃべれます。英語苦手なスタッフもいますが、基本的にみんな親切です。
洗濯ができないので、近くの洗濯屋に持って行く。1kg4~5ソル。2.5ソルのところもあるらしい。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment