1日目にして標高5000m!?ウユニ抜けツアー!


月の谷を楽しんだ翌日は、朝7時過ぎに車が迎えに来てくれてウユニ抜けツアーへ!
チリ、アルゼンチンをウロウロしていましたが、とうとう新しい国、ボリビアへ入国です!

車に乗り込むと、さやさん&たーくんがいました!
やったー一緒だー(*^▽^*)!!
このウユニ抜けツアーはバスではなく、四駆の車何台かで分けて行きます。

まず最初はチリ出国とボリビア入国。
もう何度目かのチリ出国、慣れたもんや(´-ω-`)フッ
するとたーくんが「PDIの紙がない!」と焦っていた。間違って捨ててしまったらしい。
イミグレのお兄さんに言うと、「君はラッキーだよ」と、今回は見逃してくれたらしい。
その様子を見て、メキシコの時私もあの紙捨てたな~と懐かしくなった。
DSC03054.jpg

ボリビアのイミグレに着いたら朝食タイム!
パン、チーズ、サラミ、アボカド、ヨーグルト、飲み物・・・意外と豪華だった!
朝食ウメー( ^ω^ )とムシャムシャ食べていると、運転手が「入国審査するぞ!」とせかしてきた。
ちょ!まだアボカドチーズサラミサンドイッチ(入れすぎw)食べてるって!
サンドイッチ片手にイミグレに行くと、自分の番がまだっぽかったので戻る。
イミグレのおっちゃんにも「それ食ってから来い」と言われたしね(;^ω^)笑

イミグレが終わると車を四駆の車に乗り換えて、荷物を車の上に乗せてツアースタート!
荷物はブルーシートみたいなやつで包んでロープでしっかり固定してくれるので安心( ^ω^ )
DSC03055.jpg

この日は主に湖を巡ります。
DSC03060.jpg

途中温泉もあったけど、血行が良くなると高山病になりやすいらしいので、私は足だけ。
たーくんは思いっきり入っていました。すごい・・・。
DSC03067.jpg
DSC03076.jpg
たーくん at 壮大な露天風呂
DSC03070.jpg

ちなみにこの温泉、約5000mというかなり高所にあります。
私は前夜と今朝、ダイアモックスという高山病予防の薬を半錠ずつ飲みました。これは旅中に知り合った日本人から頂きました。
富士山でも高山病にならなかったのですが、今回ばかりは何度か頭痛を感じました。
でもちょっと痛いぐらいで、深呼吸したら治りました。
さやさんが頭痛にやられて、午後からは完全にダウンしててかわいそうだった(>_<)

私のお気に入りはピンクラグーン。
DSC03105.jpg

写真では伝わりにくいんですが、本当にピンク!!
そしてフラミンゴ!!そう、私はフラミンゴが見たかったの(≧▽≦)!
でもフラミンゴは遠いところにいて、私のカメラでは寄り切れなかったため、私のフラミンゴポーズでご勘弁下さい。
DSC03108.jpg

たーくんはここで帽子を飛ばされて、帽子が土まみれになっていました(;^ω^)

煙がもくもく出ている、箱根の大涌谷みたいなところにも行きました。
DSC03085.jpg

若干硫黄の匂いがしたけど、大涌谷の方が勝ってるな、臭さ的な意味で。
DSC03098.jpg
モンスターを召喚しそうな感じでもくもくしてます。

この日の宿は、シャワーが明らか水しかでえへんやろ的なところ。
DSC03125.jpg

でもウユニで再会したしのさん&さっちゃん曰く、お金払ったらお湯が出たらしい(;゚Д゚)!
なんやて~言えば良かった~(>_<)
一日目、慣れない高所で日本人チームはお疲れモード、夕食までベッドに転がってました。
他のチリカップルとドイツ人のトーマスはなぜか普通。高山病の気配なし。

夕食後、日が沈んだので外にでて星を見たら、普通にきれいだった!
宿から離れたらもっと星がキレイだったんだろうけど、そこまで歩く元気は残っていなかった。笑


ここで二泊三日を共にするメンバーを紹介します。

さやさん&たーくん
ビーニャデルマルの汐見荘で出会い、サンペドロデアタカマで再会した夫婦。
たーくんは言動に若干オネエが入る。めちゃおもろい。
「ティラミス」というワードで外国人メンバーを笑かすことができる。
さやさんはゲラなのかよく笑っている。

トーマス(ドイツ)
現在南米を自転車旅行中の64歳パワフルじいちゃん。
今までもいろんな国を自転車で旅したそう。
母国語の他に英語、スペイン語を話すことができる。

リンダ&ブルーノ(チリ)
美男美女のチリ人カップル。
ブルーノの方が年下で、若さがあふれている、上れるところは上る。マヨラー。
リンダはお姉さんな感じで落ち着いている。

オルランド(ドライバー)
高山病予防のコカの葉をポップコーンのように食べる。
車内の音楽は基本的に大きめ。つかうるさい(笑)
車の当たりが悪かったのか、メンテナンスが不十分なのか、エンジンの付きが悪い。
何度もボンネットを開けて中をいじってエンジンを付ける。
「エンジンがつかなかったらと思ったら、正直若干恐かったよ」と初日にトーマスをビビらせる。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment