月の谷は、砂漠と谷と塩だった。

ビーニャデルマルからバスで約1日かけてサンペドロデアタカマへ。
今回は24時間ほどかかるので、贅沢ですがカマ席をチョイス、8千円か9千円だった気がする。
軽食やご飯が豪華になるんかなと思ったら、お菓子セット×2回、サンドイッチが1回でした(´・ω・`)
これだったらセミカマでもよかったかも・・・。
でも座席倒し放題、独立シートで楽だったからいいか。
途中バスを掃除するために一旦降車。カラマに行く前の街で、なんかすごくリゾートなところだった。
IMG_20180311_131006.jpg

いつも思うんだけど、バス掃除するから降りてって言われるけど、ほんまに掃除してるんかなって思う、けっこうゴミとか落ちてたりする。

「アタカマは物価が高いから早めに出た方がいいよ」とみんな言う。
うん、確かに宿は全体的に1500~2000円、またはそれ以上。
ミニスーパーで売ってる飲み物(2L)もだいたい300円だったりとか。

なのでアタカマは2泊だけして、すぐにウユニに抜ける。
アタカマに着いたのが夕方の6時くらいだったので、翌日の1日でアタカマをエンジョイする。
朝10時くらいにJANAJ PACHAというツアー会社へ。
DSC02988.jpg

ここは旅ブログでよく出てくる会社で、旅で出会った知り合いの人もここで申し込んだと行っていたので、私もここで申し込む。
私が申し込んだのは2泊3日のウユニへ抜けるツアーと月の谷のツアー。
「もし割引してくれるなら月の谷も申し込みたいねんけどな~(>_<)」と言ったら4000ペソ(約800円)も割引してくれた。YATTA!!

月の谷は当日の16時からのツアー。
他にも星を見るツアーなど色々あったけど、星きれいだけど街の光が邪魔するから、それならウユニ抜けツアーで見た方がキレイ、とのことでした。

アタカマといえばアタカマ砂漠!月の谷!星!
砂漠は別にモロッコやエジプトでも見れるし、星はウユニ抜けツアーで見れるから、私は月の谷ツアーに参加。
ウユニ抜けツアーには月の谷は含まれていませんでした。

水、サングラス、帽子、日焼け止めを持って、ツアー会社の前で待つ。
この時、ビーニャデルマルの汐見荘で一緒だったさやさん&たーくん夫婦と偶然再会!
さやさん達も明日ウユニ抜けツアーに参加するらしい、一緒の車がいいなっ( ^ω^ )

10人くらい乗れそうなミニバスみたいな車に乗り込み、月の谷へ!
ガイドのロドリゴさん、とてもノリのいい人で、英語とスペイン語で説明してくれます。
DSC02995.jpg
DSC03001.jpg

最初は谷のような洞窟のようなところを探検します。
頭とか背中とか気を付けてね!と言われたけど、頭を結構強めに打ちました。なかなかに痛かった。
DSC02998.jpg

これ、クリスタルなんですってよ。
でも月の谷は昔海だったから白い部分は塩だよと言われ、クリスタルなのか塩なのか・・・素人には見分けがつきませんでした。
DSC03022.jpg
DSC03021.jpg

この砂漠感・・・アラバスタやん、クロコダイルのやつやん。(ワンピースネタ)
あとあれや、ジョジョで言うとこの3部やな。
砂漠は水を3割増しで美味しそうに見せるよね。

あ、持ち物、上記の他にスニーカーかトレッキングシューズで行くことをオススメします。
途中1時間くらいトレッキングします。
DSC03012.jpg

地面は岩、砂、砂利なので、keenのサンダルだと足が砂まみれ土まみれになります。
どうしてもkeenのサンダルで行きたい方は、靴下を履いた方が良いよ。

次に向かったのはthree Maria。
岩の形がマリアの姿に似ているらしいのだが
DSC03008.jpg
DSC03010.jpg

こういうことかな?
マリアがキリストを抱いている的な。
いや、ていうかマリア2人しかいなくね?と思ったら、過去に観光客が岩の上に乗って壊してしまったそう。
その観光客は罰金と入園拒否のペナルティを課せられたみたいです。
罰金と入園拒否の年数は忘れたけど、まぁ当然よね(;^ω^)

最後は夕日ポイントで夕日を見て終了。
夕日の反対側の山が黄色、赤、紫になるから、そっちにも注目してみてね!とロドリゴさん。
DSC03036.jpg
DSC03029.jpg

一人で写真撮ったりしていたら、ロドリゴさんが「写真撮ってあげるよ!」と話しかけてくれた。
DSC03049.jpg

めっちゃ良い感じや。
ロドリゴさんのガイド楽しかったし、写真撮ってくれたからチップあげたら
「わーありがとう!チップは帰ってみんなで分けるんだ( ^ω^ )!」
多分この人、めっちゃええ人や・・・。
ロドリゴさんがガイド中に言ってたんだけど、アタカマではチウチウという料理が美味しいらしい。
鶏焼いたやつ・・・とか言ってた気がする。

宿に帰ると、同じ部屋のドイツ人女子2人もツアーから帰っていた。
めちゃめちゃ日焼けしてた。二人は湖とかを回るツアーに行ってたらしい。
多分学生かな?めっちゃ良い人たちでした。私の貧弱な英語にも丁寧に答えてくれる。
「私たちツアーで早く出るから、朝うるさいかもだけどごめんね(>_<)」
「私たち明日早いから寝るけど、電気とかつけても全然大丈夫だから!」とか気を遣ってくれた(*´ω`*)

晩ご飯食べるために中庭みたいなところに行ったら、フランス人の男の人が居た。
電気が遠くて暗いわ~と思ってどうしようかと考えていたら、テーブルを明るい方へ動かしてくれて、ちょっと話した。
海外は長期休み長くて良いな~って言ったら、「でもやることないとまじ暇やで」と言っていた。確かに(笑)
そして彼はお医者さんで、私は前職パン作ってたって言ったら「え、めっちゃええやん!すごいやん!」と言われた。
私はお医者さんの方がすごいと思うが・・・(;^ω^)

旅して色んな人と話す機会が多々あるのだが、なぜか海外の人にはパン職人が人気。
人気っていうか、「日本でパン作ってた」って言うと「マジか!良いね(*'▽')!」となぜか好感触。

上記のフランス人の彼は、現在長期休暇で南米を旅行中だけど、フランスのパンが恋しいらしい。笑
うん、まぁ、フランスのパンって美味いもんね。南米のパン・・・うん。

ARABALTI HOSTEL
wifi:部屋でも〇わりかし早め
シャワー:ホット〇でも狭いのでちょっと使いにくい
キッチン:〇レンジあり
エアコン:×扇風機あり
ロッカー:〇
英語:×
コーヒー、水などのフリードリンクあり。
可愛いネコちゃんあり、めっちゃ甘えてくる(*´ω`*)

1泊2千円ほどでちょっと高めだけど、フリードリンクあって、Wi-Fiがサクサク、ホットシャワーはとても良い。
新しめのホステルなのか、全体的にキレイです。
ハンモックもあるよ。
アタカマはめっちゃ乾燥しているので、洗濯物が爆速で乾く。部屋干しでも一晩で乾いた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment