こいで、飲んで、酔っちゃって。


メンドーサに来たメインの目的、ワイナリー巡り!!
私の地元、函館には「函館わいん」があり、私がイタリア好きというのもあり、ワインは結構好きで実家ではよく飲んでいました。
北海道ではメジャーなセイコーマートというコンビニで売っているワインも安くて美味しいので、機会があれば買って飲んでみてね( ^ω^ )
私の親のオススメはG7というワイン。

ネットで調べると、メンドーサの中でもマイプという地区では自転車でワイナリー巡りができるんだとか!
マイプでは、車はダメだけど、自転車は飲酒運転にはならないみたいです。

宿の近くからマイプ行きのバスが出ていて、172か173に乗ったら行けるらしいんだけど、せっかちな私は「マイプ行だったらどれでも行くんじゃね( ^ω^ )」と適当に乗車。
バスがマイプに近づくにつれどんどん乗客が降りていき、最終的に私一人になり、運転手から「どこいくの?」と言われ、目的地を伝えると、そこは行かないと言われた。
あっちからバスがでてるからそれに乗って行けるよ!的なことを言われる。
バスのおっちゃんに言われた通りに進むとバス停を発見、そして乗る時に目的地まで行くか確認してから乗車。

バスを降りてからレンタサイクル屋を探してさ迷う。
未だにバスを降りるタイミングがよくわからなくて、降りたいところで降りられない。運転手に「ここで降りるわ!」って言って降ろしてもらう。

DSC02983.jpg
結局10時頃に駅近くのwine and rideという店で自転車を借りた。
ちょうど開店したばっかりだったみたいで、2台しかないカゴ付きの自転車を借りることができた!
お姉さんが無料で試飲できるところとか色々英語で教えてくれた。
一番下に今回利用したお店をまとめています。

最初はPASRAIというオリーブ製品を作っている工場へ。
近くに居たスタッフの人に声をかけて10分くらい待つと工場見学。だいたい10~15分くらいだったかな。
DSC02962.jpg
農園は見れず工場だけの案内で、英語で説明してくれて半分くらいしか理解できなかったけど、結構面白かった。
それが終わるとお待ちかねの試食!
写真を撮るのを忘れてしまってほんますんません・・・
一口サイズにカットされたパンにドライトマトやペーストが乗ってて、それに香りづけされたオイルをつけて食べる。
ニンニクやオレンジなど色々あったが、私はローズマリーのオリーブオイルが一番好き!
めっちゃ良い香りです!
オイルだけじゃなく、コスメも売られていて、試させてもらえた。
「このオイルは髪顔体に使えて、日焼けにも効くのよ( ^ω^ )」

購入しました。笑

いや・・・ね、あれですよ。
神の毛先がバサバサで絡まるし・・・なにより、日焼け後の対策、ダイジ(;^ω^)
しかもめっちゃ良い匂いだったのですよ。バニラのかほり。

オリーブを楽しんだ後は、すぐ近くにあるワイナリーCECCHINへ。
すぐ近くだからわかるやろ~・・・あれ?こんな未舗装な道路で合ってる?・・・もうちょっと戻ってみるか・・・とやっていたら、すぐ着くはずが15分くらい余分に時間をくってしまった。

DSC02971.jpg
こんな感じの道で、下は砂利道で、サイドには木、木、木・・・
若干不安になりながらも進むこと5分、ワイナリーに到着。良かった道合ってた(;^ω^)
ここは有料でガイドと試飲ができて、試飲する種類が2、4,6種類で金額が違う。
私は4種類150ペソ(約750円)をチョイス。
ガイドはお姉さんが英語でしてくれた。
ブドウはオーガニックで育てていて、ブドウの木と一緒に花や虫よけのハーブを植えているらしい。
最初に花に虫が着くから、それをみて虫対策をするんだってさ。
そして収穫はすべて手作業!ひぃぃ(;゚Д゚)
ワインを銀のタンクに入れてたから、今は木の樽は使ってないのかと思ったら、ちゃんと使っているんだとさ。
樽に何の木を使うかで香りが違ってくる・・・とか言ってた気がする・・・。

DSC02970.jpg
ガイドが終わったら試飲!私が飲んだのはマルベックというワイン。
メンドーサのワインといえばマルベック!・・・らしいです。
最初赤と白の試飲でいい?って言われたけど、私の希望で白を1本スパークリングに変えてもらった。
スパークリングうまぁ( ^ω^ )ってなってたらお姉さんが「美味しいけど気を付けて、意外と度数高いわよ☆」と教えてくれた。
グラスにワインが半分無いくらい注がれるのですが、全部飲む必要はなく、もう要らないなと思ったらバケツみたいな容器に残ったワインを移します。
例えるならば、わんこそばで自分のお椀に溜まっためんつゆを大きいボウルに移す、あんな感じです。

次はワイン博物館に行ったのですが、ガイドがスペイン語しかしゃべれなくて焦ったけど、ちょうどそこにいた観光客の人が英語も話せて、要所要所で英語で説明してくれてめっちゃ助かった。
その人はカナダ人だったけど、自分でスペイン語を勉強しているらしい。すごい・・・。

博物館見学が終わったらその隣にあるGIOLというワイナリーへ。
ここでは見学+試飲、試飲だけなど選べたので、私は3種類90ペソの試飲のみをチョイス。

DSC02972.jpg
お姉さんに赤と白には何の料理が合うのか、知ってるけど一応聞いてみた。
私「赤は牛肉とか肉系?」
お姉さん「BBQならパーフェクトね!」だそうです(笑)
そしてこの時期、ベンディミア(収穫祭)をやるくらいだから、ワイナリーもお客さんが多くて忙しいらしいです。

最後はマイプで一番大きいであろうLOPEZへ。
今までは英語ガイドは参加者私一人だけだったけど、ここは有名だからかなのか、私以外にも6人ぐらい参加していた。
ワインの樽やタンクが今までのワイナリーとは数が違う。

DSC02977.jpg
DSC02975.jpg
DSC02979.jpg
ブドウを絞る機械のところはブドウの良い香りが(*´ω`*)

DSC02980.jpg
このブドウのしぼりカスみたいなやつはどうするんやろ・・・豚の餌とかになるんかな。
ブドウを食べた豚の肉とか・・・めっちゃ美味しそうやん・・・。

DSC02982.jpg
ここの試飲は無料で、飲み方とかグラスを傾けて透かして・・・とかやってたけど、英語が理解できずよくわからんかった。
そしてここまでくるとワインに飽きてくる・・・というか眠くなってくる。笑

LOPEZが終わった時点で16時半過ぎ、まだ時間はあったがワインはお腹いっぱいなので自転車を返しに行く。
自転車を返しに行くと「エンパナーダと、水かワインどっちがいい?」と聞かれた。
めっちゃ迷った挙句、ワインでお願いします。

IMG_20180306_164108.jpg
この日は合計するとグラスで10杯、5~600mlのワインを飲みました。贅沢だ~。あと若干しんどいぜ~。笑

ちゃんとパスポートを返してもらって、宿に帰りましたとさ。


WINE and RIDE(レンタサイクル)
gutierrez駅の南側にある。
17時半までレンタル可能。
200ペソ。返却時にエンパナーダ+水かワインをくれる。
借りる時になぜかパスポートを預ける仕組みなので、帰り忘れずに返してもらいましょう。
英語〇

PASRAI(オリーブオイル工場)
マイプの中心地より少し南に離れたところにある。
無料のガイド&試食付き。
ガイドは工場の中を説明&案内された。農園は見れなかった。
最後に5~6種類のオリーブオイルを試食できる。
英語〇

BODEGA FAMILIA CECCHIN(ワイナリー)
PASRAIの近くにある。
ガイド&試飲は有料。試飲する数によって値段は変わるが、だいたい100~200ペソ(500~1000円)
農園&工場内を説明してくれる。
ここに行くまでの道が未舗装なので本当にこの道でいいのか不安になる。
英語〇

ワイン&メンドーサ博物館
入園料&ガイド15ペソ
英語×

ANTIGUA BODEGA GIOL(ワイナリー)
3種類試飲90ペソ(約450円)
ワイナリー観光なしで、試飲のみもできる。
お土産屋とレストランがある。
レストランオススメらしいけど高そうだった。
英語〇

BODEGAS LOPEZ(ワイナリー)
マイプで一番大きいであろうワイナリー。
ガイド&試飲2種類無料。
英語〇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment