メンドーサのスパワールド、その名はカチュータ


宿で出会ったペンション田代仲間の典子さんが、メンドーサに温泉があると教えてくれたので、せっかくなので一緒に行くことにした。
カチュータ(cacheuta)という場所にあるらしい。
termas de cacheuta(カチュータの温泉)行きのバスチケットを買い、メンドーサのバスターミナルから約1時間で着きます。

DSC02949.jpg
着いたらとりあえず人が流れている方へ便乗する。
温泉に行くまでにお土産屋やご飯屋さんがちらほら。
お土産屋さんには水着も売ってます。

DSC02958.jpg
DSC02952.jpg
おお!思ったよりもしっかりした施設だっ!
屋外と半屋外のところがあって、日本の温泉くらいの温度が2か所、割と温かめとプールが半々です。

received_1784121478299323.jpg
received_1784121704965967.jpg

普通に気持ちいい~~~~(*´ω`*)

日本の温泉ほど熱くはないからずっと入っていられる。
屋外にも温かめの温泉があるのでとても気持ちいのですが、うっかりすると日焼けするので注意です。
気をつけていましたが、肩が痛くならない程度に焼けてしまいました。

DSC02956.jpg

日本の温泉とは違ってプールみたいな感じです。なので深いところもあります。
みんな深いところで潜って遊んだりしていました。防水カメラがあると楽しいと思います。
典子さんが防水カメラ持ってきていて、写真を撮ってくれました。ありがたや。

ファミリーが多い気がしました。
やはりナウでヤングな方々は、ビーチで日焼けしながらお酒を飲む方に行ってしまうのかな(笑)


【カチュータ情報】

入園料は170ペソ(1000円しないくらい)
ロッカーが100ペソ(約500円)で、帰りに鍵を返すと50ペソ戻ってくる。
その他にもバスローブやタオルなども有料でレンタルできる。
着替える場所はトイレに併設されていて、思っていたよりキレイでした。
バーベキューできる場所とごはんが食べられる場所もあります。
温泉の水は半屋外なのでちょいちょい虫や虫以外の物も浮いてて、衛生面が気になる人には少し厳しいかもしれません。
施設内はみんなサンダルなど濡れてもいい靴を履いているのですが、クロックス率が高いので、みんなとかぶらなさそうなサンダルだと間違われずに済むと思います。
典子さんが茶色のクロックスで、間違えて履いていかれてました。幸い無事返ってきましたが(;^ω^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment