バス!ばす!!BUS!!!前編


ボニートを楽しんだ後はチリまで移動します、バスで!!
そんな大文字にしなくても分かるよって感じですよね、はい。

ブラジルの後は、航空券を買うのになかなか苦労したイースター島へ行きます!!
そのためにチリの首都、サンティアゴまで移動しなければなりません。
でも一気に移動すると2~3日かかるので、とりあえずパラグアイの首都アスンシオンまで行き、そこで1泊しようと思います。

ルートには2つあって、パラグアイとの国境ポンタポラまで行き、アスンシオンまで向かう最短ルート。
もう一つはカンポグランデ→フォスドイグアスまで戻ってから向かうちょっと長めのルート。

せっかちな私は余裕でポンタポラルートでしょ、と思ってチケットを購入。
でも買った後で調べたら、ポンタポラの治安があまり良くなく、イミグレーションも開いている時間が長くない。(8~18時だったかな)
到着時間によってはイミグレが閉まっていて、やむを得なくそこで1泊するはめになるかもしれない、そしてその街の宿情報があまりなく、宿の清潔感も良くないらしい(Gが出たとか)。

その記事を読んで不安になり、イミグレが24時間やっているというフォスドイグアスコースに急遽変更。
このチケットの変更がなかなかに大変だった・・・
ボニートのバスターミナルにはcruzeiro do sul社とEUCATUR社のカウンターがあって、この二つを組み合わせてフォスドイグアスまで行くことができる。
cruzeiro do sul社(以降c社)のお兄さんは英語が少し喋れたので、さっき買ったチケットの時間を変更したいと伝えて、EUCATUR(以降E社)社のおっちゃんは英語ができなくて、スペイン語でなんとか伝える。
お金を払おうとしたら、レアル現金払いしかできないと言われて、もうブラジルを出るから持ち合わせが少なく、私のカードが使える銀行を探して、なんとか現金ゲット!など色々バタバタしてすごい疲れた。笑
戻ってきたらE社が閉まっていて、隣のc社のお兄さんがチケットを用意してくれていた。
色々バスのことを確認してて、よく分からないことがあったから紙に書いてくれと言ったら、クレジットカードの機械からレシートをだしてそこに書いて・・・

いやクレジットカードの機械、あるやん!!!
( ゚Д゚)オニィィサァァァァン!!!
カード使えない言うたのおっちゃんやけども!お兄さんじゃないけど!!まぁ無事チケット買えたからいいけどさっ・・・良いけどさっっ!!笑

当日、6時半に宿を出てバスターミナルへ向かう。
朝出発が早い時は、一応宿スタッフにそのことを伝える。すると朝ごはん付きのところだと、ちょっと早めに朝ごはんを用意してくれてる場合がある!ありがたくコーヒーとパンを頂きました。

朝7時、ミニバンみたいな車(c社)が来て、それでカンポグランデまで向かう。
すぐ着くから余裕やなと思ったら、このミニバン車、冷房ガンガンで寒いぜっ!!バスじゃないから大丈夫だろうと思ってナメてた。

12時くらいにカンポグランデに到着。
IMG_20180217_144151.jpg
次のE社のバスは14時半?17時半?おっちゃんが書いてくれた字がややこしいのでインフォメーションのお姉さんに確認。
するとスペイン語でなんかめっちゃ教えてくれてるんだけど、バスの時間が14時半ということ以外、全くわからない・・・
数字が書かれてあるところを指さして、旅行会社のカウンターがどうのこうの・・・うーん、わからん!
とりあえずバスの時間まで、バスターミナルにある充電ポイントで携帯を充電しながら時間をつぶす。
時間が近くなったので改札のところに行って係の人に話しかけると、通れない雰囲気。
なんで?って聞いたら窓ガラスに貼ってあったQRコードを指さす。そこにはさっきのインフォメーションのお姉さんが指さしていた数字と一緒の数字が!
つまり、お姉さんが言いたかったのは、旅行会社のカウンターに行ってQRコードをもらってきてということだったのだ。
IMG_20180217_144158.jpg
急いでE社のカウンターに行くと、先に並んでたおばちゃんがすごい時間かかってる・・・オバチャァァァァンハヤクシテェェェェ!!
でも海外の会社だし、ちょっとくらい待ってくれるだろ(;^ω^)と自分に言い聞かせ、14時35分におばちゃんが終わって、私はすぐにQRコードを受け取りバスへ!
さっきのスタッフの人にQRコードを見せたら、QRコード関係ない扉を開けてくれた。

QRコード要らんやんっっ!!!

何回やんねんこのパターン!!ブラジルレアルといい今回といい、何回YAN☆NEN!!
バスに乗り込むと、私が最後らしく、みんな乗り込み済みで準備万端状態。
・・・こんなんじゃない・・・私の知ってる海外はもっと時間とか仕事とか色々ルーズなはず・・・ブラジル人真面目っ!!
でも置いていかれなくてよかった・・・と内心ほっとした。

今まではSAの食事タイムは自分で準備したパンとか食べてたけど、今回でブラジル最後のバスなので、ブラジルっぽい食べものを食べる。
IMG_20180217_182152.jpg
エンパナーダとコロッケ。どちらも揚げ物・・・重いぜ・・・。
今回買ったエンパナーダの中身は、すごく肉肉しかった。ひき肉がたっぷり詰まってました。
コロッケは、ジャガイモと魚のフレークが1:1の割合で入っていました。魚多め。
なんの魚なのか分からないけど、美味しかった。ツナではないと思う。
IMG_20180217_182849.jpg
ブラジルのSAの食堂はビュッフェスタイルが主流のようです。
入り口のところで紙を渡されて、自分が選んだ食べ物をスタッフのひとがチェックしてくれて、最後にSAを出る時にレジで会計するシステム。

IMG_20180218_020758.jpg
途中、どこかのバスターミナルで降ろされる。
前に車内清掃のために降ろされたことがあったから、今回もそれかな。
と、思ったら、バスに積んでた荷物全部降ろされ、乗ってたバスがどっかに行って、同じ会社だけど違うバスが2台来た。
どうやら目的地の方向が違うから、その2台のバスに乗客を分けるらしい。
そんなパターンもあるのね。

そんなこんなでフォスドイグアスに5時ごろ到着。
フォスドイグアスに着くと時計が1時間進んでいる、サマータイムはまだ有効なのか・・・。
5時半にバスターミナル開くよ、と言われたが、全然開く気配がない。さらに1時間待ってみるも、開かない。
これ、もう一つの入り口が開いていたというオチでした。しょぼん(´・ω・`)

入って次にすることは、パラグアイの首都、アスンシオンまでのバスチケットを買うこと。

長くなるので一旦切ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment