ボニート、まじボニート!!

リオでカーニバルを楽しんだ後は、バス移動の前にカナさんとランチへして、ボニートへ移動です!
リオ→カンポグランデ→ボニート=約26時間のバス移動!もうすでに長時間移動に慣れてきている自分がいます。
リオ-カンポグランデ間のバスはANDORINHA社、それしかない気がする。確か朝と昼の2便あって、私は15時発をチョイス。
400レアル(約1万4千円)して、たっかー!と思ってたらまさかのセミカマではなくカマクラスでした。
もう本当自分の適当さ・・・確認しようぜ自分・・・。
カンポグランデ-ボニート間も1社しかなくて、Cruzeiro do sul社。これは64レアル(約2000円)だった気がする。
ここは一日に7便くらいあるらしいが、でもボニートに着くまでに5時間くらいかかるので、私は8時のを選択。
何時のを選ぶかによって所要時間が変わってくるらしい。宿のオーナーさんが教えてくれた。

ボニートに来た目的、それはボニート天然水族館でシュノーケルをするため!
ボニートの画像を見た時、せっかくブラジル来たし、これは行くしかない!と思った。

泊まった宿でボニートのツアーを予約できたのでそこで予約。
スクリ川、プラタ川、aquario natural(天然水族館)の3種類のツアーがあって、私は一番安い天然水族館にした。
他の2つの川は透明度が高いけど、遠くてちょっと高いらしい。
色々ツアー会社があるけど、私は宿のやつで予約して約1万円くらいだったんだけど、これって高いんかな。なんとなく高い気がする。

当日は朝7時に宿まで車で迎えに来てくれて、天然水族館まで移動。
レンタサイクル借りて行けなくもないけど、結構遠め。
入り口からも4kmくらい走らないとダメだし、未舗装だから、おとなしくタクシーで行くのが良いと思う。
ツアー代にはタクシー代含まれていないことがあり、私はタクシー代込みで1万円。タクシー代は往復で40レアル(1300円くらい)

ツアーの施設みたいなところに着いて、そこでスタッフに呼ばれるまで待機。
ボケっと待ってたら、ブラジル人のカップルが話しかけてくれて、この人たちがまじで良い人だった。
ツアーのメンバーが、なぜか私以外多分みんなブラジル人で、ガイドさんがポルトガル語で説明することを彼女さんが全部英語で説明してくれた。めっちゃ助かる(´;ω;`)
このカップルも旅好きで、私がこの後チリに行くと言ったら、アタカマ砂漠をオススメされた。よし行こう。

スタッフに呼ばれたらウエットスーツ、ライフジャケット、クロックスみたいな靴、ロッカーのカギが渡されるので、貴重品をロッカーに閉まって着替える。
あらかじめ水着を着ておくと着替えが楽です。

着替えたら施設内のプールでシュノーケルセットをつけて泳ぎの練習。15分くらいかな?
この時環境保護のため、冷水シャワーで日焼け止めなどを落とします。みんなこの冷水シャワーでナイスリアクションです。

それが終わったらガイドさんと一緒にジャングルみたいなところを15分か20分ほど歩くと、めっちゃきれいな泉が現われる。魚がどこにいるか一目瞭然。
DSC00265.jpg
シュノーケルしている間は、水が濁るから川底に足を着いてはダメで、川底にすのこみたいのが沈めてある場所が4か所くらいあるので、そこでは足をついてOK。

この日はあいにくの曇り空ですが、予報では雨と雷だったから、それじゃなかっただけまだマシかな(;^ω^)
でもところどころ青空が見えていて、明るくなる瞬間も多くなってきたから、晴れる期待大!

いざ!入水!!



チャポ・・・



ぬぅああああああ!!なんじゃああああああこれはあああああ!!!
Screenshot_2018-02-15-10-56-49.jpg

キレイ!!きれいすぎる!!!なんやこの透明度は!!
大きい魚と小さい魚がたくさん居て、水草もたくさん生えて水に揺られてそよそよしてて、まるで空を飛んでいるよう。
Screenshot_2018-02-15-10-54-16.jpg

良い意味で、画像と一緒!!すごすぎる!!!まじでボニートやっ!!(ボニート=美しい)

10分くらいその場でシュノーケリングを楽しんだ後は、川に流されながら20分くらいシュノーケルをする。
これもまた良くて、水草の先から空気がポポポポって出てて、それが光に照らされるとすごく神秘的な光景になるのです。NACIONAL GEOGRAPHICやん!と思った。
(NACIONAL GEOGRAPHIC・・・美しい自然写真を多数掲載していることで有名なアメリカの雑誌。)

ツアーのスタッフなのか、ゴツいカメラを持ってる人がいて、ツアーの最後にスタッフに言うとそのデータを買えるらしい。
でも私はsonyのactioncam持ってるから、no thank youよっ!笑
他の人もgoproや水中デジカメ持ってた。さすがである。

川下り中、ボートも一緒に並走してくれるので、体力に自信の無い方は、そのボートに捕まりながらシュノーケルを楽しめます。

川を下った後は、川へ飛び込み!3回まで可。
ワイヤーに滑車と持つとこが取り付けてあって、それを持ってシャーっとしてワイヤーの真ん中あたりに来たら手を放して川へダイブ!
うーん説明が難しいな・・・でもこれ私1回目お尻と背中から落ちてしまって、なかなかの衝撃だった。痛かった。笑
私の予定ではクルっと1回転するはずだったんだけど、失敗しました。笑
飛び込むのも面白いんだけど、滑車でシャーってなってる時、万歳している状態で体がミョーンって伸びてる状態にみんなが共通でなってることがおもろかった。

それが終わったら最初の施設まで歩いて戻るんだけど、その道中もワニや小さい豚がいて、特に生まれたての子豚が可愛かった。前日に生まれたらしい。

ツアー自体は2時間くらいで終了ですが、その後もレストランやプールを利用できるらしい。

ブラジリアンカップルはその日に飛行機で地元のリオデジャネイロに戻るらしく、着替えてすぐに帰っていきました。
いやー本当にブラジル人みんな良い人多くて好き。
このカップル、今年は日本に旅行したいらしい。でも高いのよね(>_<)と言っていた。
南米を旅行しているせいか、うん、日本って物価高いってしみじみ思う。
でも日本の文化や仏教にすごく興味があるみたいで、ぜひ京都に行ってほしいなと思った。ほんで二人で着物とか浴衣とか着てデートしてほしい。素敵やん(*^_^*)


話は戻りまして、天然水族館、オススメです!!
2時間で1万円かぁ~・・・(;^ω^)と思ったけど、川の中に入った瞬間、ボニート、来てよかった!!!と強く思いました。
メキシコのセノーテとはまた違った良さ、どっちが良いかと言われると、うーん甲乙つけがたい・・・。
でも個人的には、この天然水族館の方が好きかも!
ブラジルビザ取るのが大変だったし、ボニートに来るのに丸一日ほどかかっているから尚更かな。
天然水族館が終わった後、スクリやプラタも行ってみたいなと思ったけど、お金がね・・・(;^ω^)
IMG_20180214_212737.jpg
カーニバルだけですごい使ってるんだよね・・・使用金額の上限(15万)、今月絶対超えるんだよね・・・。(9日の時点で2月の支出が10万超え)
っていうのもあるんだけど、スクリもプラタもそんなめちゃめちゃ違う!ってわけでもないと思うので、私は1箇所行けただけで結構満足なのでした(*^▽^*)


☆ボニート宿☆

papaya hostel
シャワー:?(他の人のブログではホットシャワー出ると書いてあったが、使い方が分からんくてほぼ水シャワーだった)
wifi:〇
エアコン:〇
ロッカー:〇
キッチン:〇 けど使用してない
バスターミナルの近く。朝食付き。
みんなのブログを見て良さそうだったので行ったら、宿代なんと2倍!!80レアル(約2500円)!高っ!
カーニバル価格だったらしいです・・・。ブッキングドットコムで見た時は1泊40レアルくらいだったのに・・・。
でも私が来た次の日宿が休館になるらしく、運よく1泊で次の宿へ移動できた。
宿の都合だったので、次の宿紹介するね!と言われたが、そこも同じくらい高くて、↓に書いたホステルが良いって言ったら、安いけどあまり良くないよと言われた。
でも泊まった感じ普通だったし、なんやったらこのホステルよりきれいな感じがした。
紹介しようとしてたホステルに私が行ったら、紹介料的なものが手に入ったんだろうか・・・と疑ってしまうくらい高いホステルを進めてきた。
みんなのレビューを見ると良い感じなんだけど、掃除が行き届いてない感じで、なんか微妙でした。
タイミングが悪かったのかな。。。

hostel ecological expedition
シャワー:ホット〇(ドミ部屋内にトイレとシャワーあり)
wifi:〇(でも部屋は弱い)
エアコン:〇
ロッカー:〇
キッチン:〇(スペース狭め、けど宿泊者が少なかったので、余裕で使えた。)
papayaのオーナーさんはあんまりオススメはしていなかったけど、私的には十分な感じです。清潔感あり。
バスターミナルの近く。一泊40レアル(1300円)朝食付き。
私が泊まった部屋は中にはみたいなのがあって、そこにはハンモックもあって、洗濯物も干せてとてもナイス。
airbnbみたいな感じ?オーナー家族がそこに住んでるっぽい感じで、赤ちゃんと子供がいて、ネコちゃんもいて、癒された。
ちょっと蚊が多いかも、でも周りの環境的に仕方がないかも。笑
ここでもツアーの予約ができるっぽい。オーナーさんが「なんかツアーするか?」って聞いてきたから。

☆カンポグランデ宿☆
hodrigo hostel
シャワー:ホット〇
エアコン:〇
wifi:〇
ロッカー:×
キッチン:〇広め
朝食付き40レアル。バスターミナルの近く。清潔感アリ。
オーナーさんが陽気な方で、「オハヨウ」「ヤクザ」など、ちょっと日本語知ってる。(なぜヤクザ・・・)
オーナーさんに頼めばボニートのツアーを予約してくれるっぽい。
ここもファミリーで住んでるairbnbタイプの宿。
洗濯干し場がめっちゃ広かったけど、使っていいのかは謎。(1泊で出たため)
IMG_20180214_212816.jpg
×した方のバスターミナルに着くと思ったら、下の方だったというオチ。
×の方はローカルかな?

上の3つのホステル、どっちも英語通じます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment