ドッキドキの夜行バス!後編


グアテマラに入国し、終点のフローレスへ。
途中ツアーの呼び込みの人が入ってきて、スーパーのATMでお金を下ろすタイム&みんなに高いツアーとかバスの勧誘をしている。私もされたけど、フローレスからグアテマラシティまでのバスが80ドルだったので、もちろんお断りした。だって高くても40ドルしないのは知ってたからね!

バスのおっちゃんにバスターミナルで下ろして欲しいと言ってみたけど、遠いから無理と言われた。
車で5分の何が遠いねん。

結局皆が降りるフローレス島で降りて、私はそこから自力でタクシーを拾い、お金を下ろし、バスターミナルに到着した。やればできるということを実感した瞬間だった。

タクシーの兄ちゃんが良い人で、私がドルしか持って無いからATMのあるショッピングモールいってって言ったら、5ケツァール(80円)が5ドル(500円)になり、なんやこいつ( -_-)と思ったけど、後から戻ってきてくれて、それを両替してくれて、ちゃんと余りのドルとケツァールを返してくれて、そしてバスターミナルまで乗せてくれました。
なんて良い人だ…!!グラシアス、セニョール!!なんやこいつと思ってごめん!!
ふろれす
ソナ1の隣のバスマークのところに「transporte fuente del norte(次に乗るバスの会社名)」と書いてあったので、勝手にそこがバスターミナルで、そこでチケットを買うのかと思ってたら、タクシーの兄ちゃんが赤マルのバスターミナルに連れてってくれて、そこでチケットが買えて、そこからバスが出ると教えてくれた。
何から何まで本当にありがとうセニョール・・・
たしかグーグルマップかmaps.meでは「bus turminal」と書いてあるはずです。

そこしまた夜行バスのチケットを購入。fuente del norte社のバスがグアテマラの中では良いバスと聞いたのでそれにしました。
ここでまた5時間くらい待機。ここは待合室みたいのもあったし、トイレもすぐ近くにあるので、しんどかったのは待ち時間の長さくらいだ。

はぁ~今日は移動しかしてないからバスで寝れないかなぁ~と思ったら、大爆睡!!
夜行バスで絶対と言っていいほど寝れない私が爆睡です!何回か起きたけど、気づいたらグアテマラシティに着いてた。
ビックリしすぎて下りてから2人に確認した。
でもここでお伝えしたいのは、
バス内はキンキンに冷えていたということ!
海外のバスや飛行機は冷房ガンガンなのは有名なことですが、これほどに冷えたバスは初めてです。
生肉置いておいても腐らないんじゃないかなレベル。暑がりの欧米人でさえも防寒してたからね。
私また風邪ひくんじゃないかな、ちゃんと目覚めるかな・・・と不安になったほど。

グアテマラシティに着いた時はまだ外は夜明け前で暗かったので、とりあえずバスターミナル内のカフェで朝ごはん食べたり、トイレ行ったりして明るくなるまで1時間ほど時間をつぶす。
明るくなってきて、バス会社にアンティグア行きのバスの聞き込みを開始。

どこのバス会社も、アンティグア行きのバスがない。

え・・・ブログで読んだ情報とちゃう・・・

ほぼすべての会社に確認してみたけど「NO HAY(無い)」の返答。
チキンバスというローカルバスは!?と聞いてみたけど、アンティグアまで行かないという。

と、なると、タクシーしか選択肢はない。

フローレスで大人しくアンティグア行きまで買っておけば良かった・・・と後悔するも遅し。
嫌いなタクシーにアンティグアまでいくらか聞いてみたら「300ケツァール(4500円)」と言う。

無理ー!!高すぎー!!
なんで車で1時間の距離が夜行バス8時間より高いねん!!

めっちゃごねてたら、アンティグア行きのチキンバスが出てるターミナルがあるから、そこまでなら90ケツだと言われ、90ケツでも高かったけど選択肢がないのでしぶしぶ乗車。
まさかこんなに早くチキンバスに乗ることになるとは思わなかった・・・

チキンバスはバス強盗に会いやすいことで有名なので、できれば使いたくなった。

チキンバスでグアテマラシティからアンティグアまでは25ケツ(約400円)。
このチキンバス、運転が荒くてまじで事故るんじゃないかと思った。
カーブでもスピードが出てて前の椅子にがっちり捕まってないと隣の人にぶつかったり寄ったりする。車内の音楽はノリノリの2017年ベストヒットDJmix。なんのアトラクションですかこれは。運転しているのは50代のおっちゃん。

それでも無事に強盗にも合わずに、朝10時ころにアンティグアに着くことができました。

バスを降りてすぐにスペイン語学校のキャッチに捕まり、私が泊まる日本人宿「ペンション田代」まで案内してもらい、勧誘の話を聞いたけど、他の学校の情報を何も知らずにそこに決めるのが嫌だったので、頑張って強い意志でNOとお断りして、日本食を出している店でカツ丼を買って食べて、その日は終わりました。

アンティグアに無事着いたことも嬉しかったが、メキシコのカンクンで知り合ったかおりさんに再会できたことが何より嬉しかった。

【補足】
メキシコ出国税:30usドル
ベリーズ出国税:17usドル
2018/1/5の情報です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment