とりあえず、トリニダーへ!

キューバの長距離バス、ビアスールでサンティアゴ・デ・クーバまで一気に行っちゃいたかったけど近日のバスがどれも満席なので、とりあえずトリニダーへ行くことにした。
ハバナからトリニダーまではタクシーで4時間25クック(2500円くらい)なので、ホアキナさんに手配してもらってそれで行くことにした。

トリニダーに行く前に、ガイドブックに載っていたハバナの食堂、yokitin(ヨーキッチン)へ行くことに。
ハバナの国営のレストランは美味しくないので、民間のおばちゃんが食堂を開くようになって、その中でも美味しいお店がこのyokitinなのです。
お店から出てきた地元のお客さんらしき男の人が「ここはハバナで一番美味しいよ!」と教えてくれた。
オーダーをとりにきたおばちゃんは、ガイドブックに載ってた人だった!
「これあたしよ( ^ω^ )!」と嬉しそうでした。
DSC02508.jpg
豚肉の生姜焼き定食のようなものを注文。
ご飯とか、ちょっとしたサラダとかついてるワンプレートランチ。
生姜焼きではないんだけど、ちょっと厚めに切った豚肉を味付けして焼いたやつなんだけど、これがめちゃくちゃ美味しいのです!
日本人に合う味!ともちゃんと「この味付けなんだろうね、美味しい(^^)」と言いながら食べてました。

ご飯を食べて、ちょっとまったりしたらトリニダーへGO!
私たちの他に韓国人2人も一緒のタクシーでトリニダーへ行きます。

そして私はここで衝撃的なことに気づいてしまいました。

メーターが動いてない・・・そう、スピードメーターがねっ!!
DSC02511.jpg

動いているのに針が全然動いていない(;゚Д゚)おいまじかっ。

あ、ちなみにタクシーの料金はメーター制ではなく、最初に交渉した金額で乗せてもらえるので、ハバナのタクシーはまだ安全な方・・・かな?タクシーにもよりますが。
絶対にちょっと上の料金で言ってくるので交渉はした方が良いです。
DSC02512.jpg

そんなタクシーに揺られながらトリニダーへ。
普通の乗用車の後ろに大の大人が3人も乗ってるもんだから、若干キュウキュウで狭いw

ハバナの街中に馬車が走ってて、街中だけの観光用かなと思ってたけど、街の外でも普通に馬車が・・・!
普通に移動手段として使われています。荷物を運ばせていたり、乗って移動していたり。

「ゼルダの伝説」を彷彿とさせます。エポナの歌がずっと脳内で流れてた。

あとヒッチハイクをしてる人が多い。
ヒッチハイクっていうか、普通にタクシーを止めようとしているのか、なんにもないところでポツンと立って手を上げている人がたくさん居た。

街をちょっと出るとすぐに、広大な畑と牧場が広がっています。さすが食料自給率80%
たまにアメリカを思い出させるような長い一本道もあったり。・・・いうてもずっと一本道だけど(笑)

そんなこんなしているうちにトリニダーに到着。
タクシーのおっちゃん、住所見せたら、街の人に聞きながらちゃんとそこまで行ってくれました。
さすがおっちゃん、ペーペーの若者とは違うね・・・( ^ω^ )

今回泊まるのは、トリニダーで日本人や韓国人に有名な「レオとヤミの家」。ヤミさんの作るご飯が激ウマなのだそう。
予約をしていないので泊まれるか不安だったけど、ベッドが空いていたので泊まれることに!いぇーい(*^▽^*)!

そしてトリニダーでの生活が始まるのです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment